お疲れ様です。
退職金ぶちこみ太郎です。



中国のハイテク大手がSECから上場廃止の可能性を狙われているのはご存じだと思います。

アリババの株価は、米国証券取引委員会(SEC)が中国のハイテク大手を上場廃止の可能性がある銘柄に加えたことを受けて、7月29日に11%急落しました。

この脅威は、中国企業が米国の監査人に帳簿を公開することを求める外国企業責任法が2020年12月に法制化されて以来、アリババにずっとつきまとっている。

アリババホルダーは絶望的は状況が続いています。

HFCAAの下では、3年連続でその厳しい監査基準に従わない中国企業は、すべての米国取引所から上場廃止になる。

その後、中国証券監督管理委員会(CSRC)は、上場廃止を阻止するためにSECと協議を行ったが、これまでのところ、その協議は実を結んでいません。

SECは、すでにカウントダウンが始まっていることを示すために、上場廃止候補企業のリストを拡大しています。

現在270社以上の中国企業が上場廃止の可能性があるのです。

さて、2020年10月に1株当たり317.14ドルの史上最高値を記録して以来、すでに70%以上下落しているアリババの株価を、このニュースが重石となり、アリババは買う価値があるのだろうか?

アリババの課題と上場廃止劇の起こりうる結果を予想し、その株価が再び強気を引き出せるかどうか見てみよう。




アリババに何が起こったのか?

中国最大の電子商取引とクラウドプラットフォームの企業として、アリババは堅実な長期投資のように思われました。実際に私も購入していたこともありました。

しかし、中国の反トラスト規制当局はアリババのeコマース事業を取り締まり、2021年4月に過去最高額の28億ドルの罰金を科し、また、独占的な取引で加盟店を囲い込むことや、過度なプロモーションを行うことも禁止されました。

この取り締まりは、JDなど、中国の混雑した電子商取引市場におけるアリババのライバルに対する防衛力を低下させた。また、ロックダウン後の市場で消費者が支出を抑制したため、中国全土で電子商取引がより一層減速したのと時を同じくしています。




アリババのクラウドの成長も、中国の規制当局がオンラインゲーム、ストリーミングビデオプラットフォーム、オンライン教育サービス、およびパンデミック時に隆盛を極めたその他のインターネットベースのアプリケーションを取り締まったため、冷え込んでしまいました。

これらのサービスの多くは、Alibaba Cloud上で動作していました。一方、中国経済全体の減速により、アリババの企業顧客はクラウド・サービスへの支出を抑制するようになったのです。

アリババ最大の魅力であるクラウドの成長が減速してしまいました。



そのため、今年3月に終了した2022年度には収益の伸びが減速し、調整後のEBITDA(金利・税金・減価償却費控除前利益)マージンが縮小し、調整後の純利益も減少した。

アリババは、競争、マクロ、規制の逆風を原因とするこの衝撃的な減速は、おそらく今後も続くと思う。

アナリストは、2023年度のアリババの売上高はわずか8%増、調整後EBITDAマージンは18%に低下し、調整後1株当たり利益(EPS)は5%減になると予想しています。


890890890




アリババが上場廃止になったらどうなるのか?

アリババはニューヨーク証券取引所への上場を維持するために「努力する」と述べたが、最近、香港での二次上場を二重上場に格上げし、中国本土の投資家も同社の株式を初めて購入できるようにすることも申請しています。

年内に承認される可能性のあるこの変更により、ニューヨークでの完全な上場廃止の影響を最小限に抑えることができる。

最悪のシナリオが実現した場合、アリババは米国の投資家がADR株を香港の株式と交換することを認める可能性が高いです。ただし、日本の証券会社はそのような恩恵を受けることができず、強制的に売却することになると考えられます。

こうした不確定要素があるため、アリババの電子商取引やクラウド事業が長期的に徐々に回復すると考える強気の投資家でも、アリババへの投資に二の足を踏んでいる状況で、今は投資をする環境ではありません。

アリババの株価が割安で放置されているのも当然ですね。



※いつもありがとうございます。
 応援ボタンを押して頂けると嬉しいです。
 昨日は???人の方が押して頂けました。
 ありがとうございます(^^♪
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村



※スマホの方は5秒で済むので「読者登録」をクリックして頂けると助かります。




【米国株への投資はこちら】
マネックス証券は情報量が半端ないです。
超おすすめですよ(^^♪
マネックス証券