米SEC、ビットコインETF承認へ!
まさかの6万ドル台へ!


なんか…凄いことになっていますね(; ・`д・´)

ビットコインは電子ゴミと呼ばれていた時代もありましたが笑。

それも過去のことになりそうです。

ETFをSECが承認するということは、機関投資家が安心して投資できる商品だと認めることを意味し、大きな節目となりそうです。




お疲れ様です。
退職金ぶちこみ太郎です。

さっそく、今回はビットコインの記事を書こうと思ったのですが...

広瀬隆雄さんが面白いことをYouTubeで語っていました。

787879987879

話が逸れてしまい申し訳ありませんが…

機関投資家の習性について語っていました。

とても参考になりました。




そもそも「良い決算なら買って、悪い決算なら売る」必要があるのか?

それも機関投資家の習性を理解すればこそです。



機関投資家は、良い決算が出た時は機関は1日では買い終わらないし、悪い決算が出た時にも機関は1日では売り終わらないです。何日も続けて、買い続けたり、売り続けたりするわけです。

市場を支配しているのは機関と呼ばれる大手ですが、強大な組織であるが故に、豪華客船とかタンカーと一緒で、ゆっくりとしか操船できないわけです。

悪い決算がでたら、これでもかこれでもかと売り、逆に買いの場合はこれでもかこれでもかと買ってくるのが機関というもの。

広瀬隆雄さんは、「そういう機関の習性に関して僕はコメントしているだけで、好きが嫌いか?という私情は挟んでいない」と述べています。


機関投資家には説明責任というものがあって、彼らが気を付けてる事は始末書を書かないことです。


始末書さえ書かなければ、自分は人並みに出世できるので、株式のパフォーマンスがいいとかポートフォリオのパフォーマンスが良いとか悪いとかは一切彼らは気にしていません。


いかに粗相をしないかということだけを気にしてます。機関投資家というのはそういうものです。


彼らが最も重視していることは「説明責任」です。

機関投資家は最終受益者からお金を預かっているので、「説明してくれ」と言われたら、なぜ買ったのか売ったのかを常に説明できなきゃいけません。


悪い決算を出した企業をいつまでも持っていたら、「なぜ、お前は悪い決算を出した銘柄を持っているのか?」と聞かれたら答えることができません。


悪い決算を出した企業の株は闇から闇に葬り去るわけです。


このような機関投資家の習性というものをみんなもよく把握して、認識した方がいいです。


広瀬隆雄


ふむ、分かりやすい。

というか、「しっくりくる」というのが正直なところです。

私達も社会人ですから、上司の評価を気にする気持ちを分かりますね笑。

機関の売買には「理由」が必要なんですね。






さて、本題ですが…先日、ビットコインが6万ドルを突破し、話題となっています。

その理由がビットコインETFが承認される可能性が高いからです。

これはビットコインにとって大きな節目となるでしょう。

BE82A8BD-0EBF-4EAA-9715-F9B6D4DD0437

ETFとして承認されるというのは審査基準がとても厳しく、ビットコインETFは今まで承認されませんでした。

というのも、ETFが証券取引所に上場されるためには、取引所の厳しい審査に合格する必要があるからです。

取引の透明性やセキュリティ確保など、投資家保護が一定レベルを超えていないと申請は通らない
仕組みです。ですので、ビットコインの審査は今までは通らなかったのです。

別の言い方をすれば、その厳しい審査基準であるETFが承認されれば、投資対象として適正だと取引所が認めたということになります。




これにより、機関投資家が堂々と投資をすることができます。

というのも、今まで仮想通貨取引所で扱っているビットコインは信用されていないモノだったからです。

機関投資家は、預かった資金を安全に運用する義務があります。

そのため、投資家保護が十分でないものには投資できないのです。

しかしながら、ETFとして認めれたことにより、お墨付きが付いたと言えます。

機関投資家が、仮想通貨の取引所でビットコインを購入することができなくても、ビットコインETFが上場を果たせば、そちらは投資対象に加えることができるからです。




広瀬隆雄さんはビットコインETFは眉唾物(本当かどうか疑ってかかるべき)と言っていますが、その一方で、このようにも語っています。※米SECは動画配信後の18日、承認しました。


機関投資家は善管義務というものというものがあり、要するにお客様からお金を預かって、それをしっかりと守る必要があります。

信頼の置けない仮想通貨取引所に顧客からの資産を突っ込んで、それで盗難にあったとか、申し開きができない。

ビットコインETFがあるんだからさ、ETFがあったら盗難にあったりしないわけですよ。

25D2D5F7-43E9-4736-BEDB-93DF53F2049C

ETFはね、絶対に盗難に遭わない。

電子記帳の株券が盗難に遭いましたという話は、ついぞ聞いたことがありません。

だから、そういう風に仕組み的に盗難に遭うリスクが全然ない仕組みが出来るにもかかわらず、なんで機関投資家は仮想通貨取引所を使う必要があるの?

広瀬隆雄

今までの仮想通貨取引所で機関投資家が投資対象とはなり得なかったという話をしています。

繰り返しですが、ETFの審査とは、厳しい水準を乗り越える必要があり、承認が認められたことで機関投資家が大きく買い越しをする可能性があります。

噂で買って、事実で売るという言葉もありますが、18日以降は大きく値動きすると思われますね。



確かにビットコインは短期間で急速に上がり、反動で目先の価格は心配ですが、ETFが承認されれば大きく価格が変動すると思われます。



2021年4月に書いたこちらの記事で

【広瀬隆雄】仮想通貨の時価総額2兆ドル突破→半年後にビットコインは更に爆騰するかもwww

「(ビットコインETFが)承認されたらビットコイン価格は爆騰すると思います。」と述べていましたが、その通りになりましたね。



ビットコインETFをSECが承認するということは、機関投資家が安心して投資できる商品だと認めることを意味し、時間が過ぎれば上がっていく可能性が十二分にあります。

一時的な事実売りの可能性もありますが、長い目で見れば上昇していくと予想されます。

何故なら、機関の買いは一度では終わらないからです。

時間が過ぎるにつれて、上昇に転じると思いますよ。

86787686767

残念ですが、まだ日本ではビットコインETFで購入することは出来ないので、仮想通貨取引所を利用する必要があります。

ここでお薦めしたいのが、コインチェックです。



大きなブームが来る可能性があるのに、口座を作らないのは勿体ないと思います。

10万円を投資するだけでも人生は大きく変わるかもしれません。

コインチェック


コインチェックは、セキュリティーを重視したマネックスグループが主要株主となり、安心して預けることができます。

コインチェックは最短で即日口座開設が完了する上に、即日ビットコインも買うことも出来るので、始めることをオススメします。

長期でビットコイン投資をしたい方などに向けて、毎日積立てる「Coincheckつみたて」も可能です。

数百円から、コツコツと仮想通貨に投資が可能です( ⸝⸝•ᴗ•⸝⸝ )੭⁾⁾


※いつもありがとうございます。
 応援ボタンを押して頂けると嬉しいです。
 昨日は24人の方が押して頂けました。
 ありがとうございます(^^♪
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村



【ビットコインへの投資はこちら】
株式と違って、即日口座開設ができます。
セキュリティ重視でお薦めです。
コインチェック