お疲れ様です。
退職金ぶちこみ太郎です。

今回は和製バフェットさんに教えて頂いた投資法をリライトした記事になります。

億万長者になる方法を知りたい!

そんな風に考えて、オニールの書籍も何度も読み込みました。




オニールの投資法ではこのようなことが書かれています。

オニールの投資戦略は「数ヵ月から2年程度で、数倍~数十倍となる成長株を狙う」というものであり、その独自の投資法は「CAN-SLIM(キャンスリム)」と名付けられています。

この手法は実際に何十倍にも大化けした株1000銘柄以上を分析して開発したものです。

①変貌するような新ビジネスモデル、新経営体制
②経常利益の成長ペースが過去3年間、年率25%以上
③直近の四半期では前年比40%以上に加速し
④株価は市場全体の中で際立って強く
⑤上場来高値近辺にある

と記載されています。




私はオニール流の投資は億万長者への近道だと思うし、バブルのような相場でなら有効だとは思う。

しかしながら、CAN-SLIM(キャンスリム)を理解し、実践するのは難しいです。

私もグロース株の経験はあるので、言っていることは分かるのですが、現在のような相場では、普通のサラリーマンが小型グロース株で実践するのは難易度が高いと判断しています。

保有するなら、GAFAMのような消費者独占企業になると思います。




ですので、私はLYFTなど、小型グロース株を全て売却し、大型IT企業への投資に切り替えています。

・Amazon
・Microsoft
・VISA

将来が見通せない今の相場では、小型グロース株を長期保有するのは難しですが、消費者独占企業のMicrosoftのような銘柄なら安心して保有することが可能だからです。




ここでお薦めしたいのが、時価総額が伸び続ける企業に投資をするだけというものです。

グロース株に投資をするのなら、これが一番理解が深まると考えました。

強い企業に乗り換えれば良いだけw





時価総額ランキング上位10社に投資をするというやり方は簡単だし、リターン高いと思われるからおススメできます。





和製バフェットさんは、さらりと書いていましたが、結構、大事なことを言っています。

動画を見れば分かりますが、勢いのある企業に乗れば、儲かるということです。

当たり前ですよねwww





じゃあ、勝ち馬の企業に乗るには、どうすれば良いのでしょうか?

超簡単に書くとこうなります。

・最初は10銘柄程度に分散する
・時価総額が伸びている企業に投資をする
・既に時価総額が大きくなっていてもOK
・話題になってから、投資をしてもOK
・伸びなくなったら、企業を乗り換える
・伸びない企業はどんどん、切っていく…
・割高の企業でも良い
・PERは無視してよい
・買値から8%で損切り

CAN-SLIM(キャンスリム)とか、難しい言葉を言うから分からなくなる。

小学生でも分かるように言えば、こんな感じです(笑)




だけど、私たちは小学生ではありませんよね?

こんな簡単に投資をして良いのでしょうか?

他の億万長者はどのように投資をしているのでしょうか?



実は私は投資の勉強をする際に、お金を投じて勉強したし、億万長者の方の投資方法も調べてみました。

勉強を重ねていくと、億万長者になった方には共通点があることに気付きました。

成功した億万長者は、ほぼ同じことを言っているのです。

弱い企業は切れ!
勝ち馬に乗れ!



良い決算とはEPSと売上高がコンセンサスを上回ること。

どの会社が生き残るかは、投資銀行の関係者にも分からない。

決算で、しくじった会社の株は売り、強い企業のみを保有する。

広瀬隆雄


上がった株は上がり続け、下がった株は下がり続ける。

最悪の投資はナンピン買いである。

cis



億万長者である投資カービィさん、よしぞうさんも本質的には同じことを言っています。

先ほど、和製バフェットさんが語った時価総額ランキング上位10社に投資をするということは、

勝ち馬に乗れ!
ということでもあります。

当たり前のことのように感じますが、本質を突いていると思い、紹介させて頂きました。



GAFAMに投資を出来なかった人は、血眼になって、次のGAFAM銘柄を探し続けました。

「今さら、Amazonに投資をしても遅い」と考え、別の銘柄に投資を続けてきたのです。



だけど、結果はGAFAMに投資をするべきでした。

投資リターンを振り返れば、明らかです。



10年前に「今さら、Amazonに投資をしても遅い」と言っていた人は敗北し、5年前に「今さら、Amazonに投資をしても遅い」と言っていた人も失敗しました。

素直に勝ち馬に乗ること。

本当に良い銘柄はPERは無視して良いと思う。

バリエーションが~とか言ってる人は一生、Amazonに投資が出来ません。

失敗したら、素直に負けを認めて、次の銘柄に乗り換えること。

これが出来るかが、投資で成功するかの分かれ目だと思う。



今回は億万長者になったグロース株の個人投資家の言葉を紹介させて頂きました。

調べてみたんですけど、不思議なことにバリュー株への長期投資で成功したという話をあまり聞きません(少なくとも私の周りでは)



私の個人的な意見としては、安全志向の投資家はETFで運用すればOKだと思います。

それでもリスクを負って、個別株に投資をするなら、バリュー株よりもグロース株に投資をした方が夢があります。



少なくとも、弱い企業へのナンピン買いはダメです。

成功した投資家の真逆のことをすることになるからです。

79798789

※いつもありがとうございます。
 応援ボタンを押して頂けると嬉しいです。
 昨日は283人の方が押して頂けました。
 ありがとうございます(^^♪
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村



【米国株への投資はこちら】
マネックス証券は情報量が半端ないです。
超おすすめですよ(^^♪
マネックス証券