お疲れ様です。
ぶち子です。

女性にとって、
結婚=不労所得なのかもしれません。



当然ながら生涯、独身の女性は、自分の収入だけで生きる必要があります。

それって、とても不安なんです。

だから、女性は男性と暮らしたいと考える人が大多数です。

56553946-4C56-441E-944C-9FA4AC6BCB52




もちろん、結婚は良いモノです。

私は仲の良い夫婦関係を築いています。

決して人間関係はお金だけで解決するものではありません。

ま、当たり前のことですよね。



ただ今回の検証では、愛情などの要素を排除し、純粋にカネだけで夫婦の関係を考察すると、夫とは不労所得を持ってくる存在です。

というのも、結婚した夫婦の収入の半分は実質的に妻のモノになるからです。





これは「30代、男性、大卒」の3条件が揃った男性サラリーマンの平均年収は552万円と言われています。

つまり、単純に考えて、夫は妻を養うためにその半分である「276万円」が妻の不労所得と考えることができます。




私は投資家なので、この夫の年収の「276万円」を株式投資で得ようとすると、どれだけの資産が必要となるのか計算してみました。

日本人サラリーマンは安定しているので、株式投資に例えると「高配当銘柄」かな?

なかなか収入は増えませんが、安定的にサラリーが入ってくるので、高配当銘柄に例えるのが良さそうです。

とりあえず、配当利回りが5%と仮定して計算してみましょう。

どれだけの資産をつぎ込めば、『276万円』という配当収入を得ることができるのでしょうか?









・・・・・・・・・・・・・・・・・。







答えは5520万円です。

配当利回り5%の銘柄に5520万円もの大金をつぎ込むことで、『276万円』という配当を得ることができるのです。

5520万円って、とてつもない大金ですね。

別の言い方をすれば、男性は、5520万円が無ければ、『276万円』という不労所得を得ることが出来ません。厳しい金額ですね。





それに対して、若い女性は結婚するだけで、不労所得を得ることができるのです。

だから、女性は結婚に対して真剣そのものです。




先程のケースはあくまでも上場企業の平均年収の男性と結婚した場合です。

年収1000万円の男性と結婚した場合、その半分である500万円の不労所得を得るには資本金1億円(配当金5%で計算)が必要です。

婚活パーティーに参加すれば、1億円が歩いている訳ですよ(笑)

宝くじを当てるより、現実的だとおもいませんか?



女性にとって、最大の不労所得は結婚です。

決して、投資ではありません。


8798778789987




さて、今度は男性視点で考えてみましょう。

男性にとって、最も価値のある高いモノは何でしょうか?

ゴールドでしょうか?

ダイヤモンドでしょうか?

それとも高級車でしょうか?




いえいえ違います。

答えは「」です。



「若くて可愛い女」を手に入れるには、男性はダイヤを用意して、プロポーズする必要があります。

そもそも、結婚式をするだけで、大変な金額になります。

1A0E84D1-AB49-48DA-A8F5-49EE80074CA0

44A23A25-4880-4F5E-98D4-4A769D324067

たったの1日でぇぇぇ
300万円だぁぁぁwww



↑ ↑ ↑ ↑

いやいや…

結婚してからも、年収をず〜っと

妻に搾取され続けるんやで(笑)

結婚した男にとって、もっとも経費が掛かるのは女だと思いますよ。



今回の記事は女性が「専業主婦」である前提で書いてます。

今の時代は専業主婦は少数派となっています。ですので、少し、偏った記事になるかもしれません。



とはいえ、出産・子育てをしなければならない以上、女性は仕事を休めますが、男性は妻の為に働き続ける必要があります。根本的に男性が金銭的に女性を支える構図は続いています。



当然ですが、夫婦とは相性や愛情が何よりも大切です。

今回はただ、夫を不労所得として考えた場合の考察に過ぎませんので、ご了承くださいね。




繰り返しですが、女性は身を捧げるだけで(結婚するだけで)、男性の年収の半分を得ることができます。

女はズルいかもしれませんね(笑)

株式投資に例えると、夫は妻に搾取されていることが分かります。

898978978879


※いつもありがとうございます。
 応援ボタンを押して頂けると嬉しいです。
 昨日は240人の方が押して頂けました。
 ありがとうございます(^^♪
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村



※スマホの方は5秒で済むので「読者登録」をクリックして頂けると助かります。




【米国株への投資はこちら】
マネックス証券は情報量が半端ないです。
超おすすめですよ(^^♪
マネックス証券