お疲れ様です。
退職金ぶちこみ太郎です。

先日の記事でお伝えした通り、ソフトバンクグループへの投資を決めています。

明日、投資する予定ですが、実は現物で株を保有するのが本当の目的ではありません。

今後の方針を述べておきますと、
信用取引も狙っていく予定です(^^♪

というのもソフトバンクグループは信用取引でこそ、真価を発揮する投資銘柄だと考えているからです。






断っておきますが、基本的に、私は信用取引には否定的な考え方です。

レバレッジ…つまり、借金をして取引をする行為はリスクが高いのは言うまでもありません。

特に個別株への信用取引は退場する可能性があり、危険な投資手法です。

これは過去、JDへのレバレッジ取引で大失敗した東条さんの記事を読んでも分かる通り、基本的に個別株への信用取引はNGの立場です。

きっと、面白いので、興味のある方は読んでください。





その一方で、ETFへのレバレッジ取引は推奨しています。

ETFTという分散してレバレッジ投資をするのは、爆益を狙うなら、比較的安全な投資先だと考えているからです。

個別株はNGだけど、SPXLやTQQQといった金融商品は、個人投資家でも、レバレッジで勝負をすることができる数少ない投資手法だと考えています。

とはいえ、それでもリスクがあるので、ポートフォリオの1割~2割程度というように、リスク管理をできる投資家なら、爆益を得るチャンスがあると考えています。






さて、本題です。

ソフトバンクグループは明日、現物で投資をする予定ですが、チャンスがあれば信用取引をして投資額を倍増させる予定です。

何故、私がソフトバンクグループへの信用買いを狙っているのか?

それは孫正義が群戦略をとっているからです。

ソフトバンクグループは、様々な優良企業を集めた投資会社です。

ソフトバンクグループは個別株ですが、実質的にETFに近い存在だと考えています。

678789978

天才的な手法を持つ孫正義が選んだとはいえ…ベンチャー企業だけだと不安ですが(笑)

ここから更にソフトバンクグループはAmazon、Googleといった安定した大手ハイテク企業にも投資を行っています。まさに優良企業のオンパレード!

アドビ
マイクロソフト
エヌビディア
アマゾン
Google
ネットフリックス
テスラ
サービスナウ
好未来教育集団
ペイコム・ソフトウエア
ショッピファイ
エッツィ
ペイパル
スクエア
オクタ
スポティファイ・テクノロジー
ビリビリ
ドキュサイン
シー
ズーム




これって、もう世界中の優良企業を集めたETFだと考えて良いと思うんですよね。

世界中の優良企業をまとめ買いをする気持ちでソフトバンクグループに投資をするつもりでいます。



海外の優良企業に
日本円で、日本の金利で、
レバレッジを掛けて、購入することが可能です。

この話をすると長くなるので、次回の記事で書きたいと思いますが、とても重要な部分です。

879789879




最後となりますが、ソフトバンクグループへの投資は適正価格での投資なのか?

ソフトバンクグループへの投資は「株主価値」に着目する必要があります。

これは孫正義が好む言葉ですが、ソフトバンクグループは投資会社なので、「利益」を見る必要はありません。バフェットのバークシャーと同じですね。

利益は乱高下するので、参考にならないです(笑)

F6551C1D-6745-46FA-B529-C870197492B5




そうじゃなくて、株主価値に着目する必要があります。

保有株式価値から負債を抜くと「株主価値」を割り出すことができます。(少し、古いデータでごめんなさい笑)

707FA26F-8381-4455-BA41-92CA123B5E6F

ソフトバンクグループのIRによると、株主価値は
1株当たり12705円
現在の株価を踏まえると割高感はありません。(むしろ、割安ですね)

57943E27-D0F7-482D-ABA0-3CF8F2070003



以上のことから、安全域を確保しており、成長企業を保有していることから、ソフトバンクグループへの投資は面白いと考えています。

私はソフトバンクグループに投資をしているのでは無くて、ETFとして、保有するつもりで投資をしています。



私は慎重な性格なので、チャンスがある時だけ、信用取引で利益を狙うスタイルです。

信用取引については語りたいことがあるのですが、次回に持ち越したいと思います。

図1

※いつもありがとうございます。
 応援ボタンを押して頂けると嬉しいです。
 昨日は240人の方が押して頂けました。
 ありがとうございます(^^♪
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村



※スマホの方は5秒で済むので「読者登録」をクリックして頂けると助かります。




【米国株への投資はこちら】
マネックス証券は情報量が半端ないです。
超おすすめですよ(^^♪
マネックス証券