お疲れ様です。
退職金ぶちこみ太郎です。

ビットコイン(BTC)は6,366,615円と高値圏での揉み合いを続けていますが、一方、ビットコイン以外のアルトコインの殆どは堅調に推移し続けています。

時価総額第4位のXRPは、23.55%高と続伸し、ライトコイン(LTC)の対円相場も、運用大手のコインシェアが金融商品をスイス証券取引所に上場させたことが好感され大幅上昇し、年初来高値を塗り替えました。

これにより、仮想通貨の時価総額は
合計2兆ドル突破しましたwww

7BB30F4B-9A5B-4DD3-B242-0461BB775160

2兆ドル(220兆円)を超えたのは、もはや個人投資家が「給付金で投資している」と説明できる資金量ではありません。

給付金が終われば、仮想通貨はオワコンになるという説も出ていましたが、まだブームは続きそうです。

機関投資家が本気で買いに向かっています。

モルガン・スタンレー、マスターカード、ペイパルといった企業もビットコイン受け入れのための措置を講じ、通貨として認められつつあります。




では、仮想通貨は今後、どうなるのか?

実は4月17日に仮想通貨が大きく変動する可能性があります。

その理由は、米暗号資産(仮想通貨)交換業大手であるコインベース・グローバルが米ナスダック市場に上場すると決定したからです。




コインベースは、直近の未公開株取引市場での株価を基に計算した時価総額は約680億ドル。日本円で7.5兆円という大規模な上場となります。

これに対して、米国株投資家でカリスマ的存在である広瀬隆雄氏は、このように発言しています。

1307F38A-4895-4580-835E-C3D7E625B993

「コインベースは買い!だが、むしろ、ビットコインETFが承認されることに注目するべき」という旨の発言をしています。

コインベースは将来、ビットコインETFに負ける可能性が高く、手数料的に勝負にならない。

ビットコインETFが承認されたら、ビットコイン価格は爆上げ状態となると発言しました。





ビットコイン…。
更に上がるのwww

69f4f6af-s

広瀬隆雄さんのツイートによる予言の的中率は半端ありません。
特にビットコイン関連の的中率は驚異的です。


2020年10月22日に「ビットコインが上がる」と発言してから、一方的な展開です。

このタイミングで購入したら、+517%ですよ。

やっぱり広瀬隆雄さんはすごいですね(^^♪


3C73948B-4426-4681-8DBE-505766DB8074

さて、広瀬隆雄さんがビットコインが爆上げするまで「半年ほど」と発言しています。

カナダにてビットコインETFが誕生しているので、フィデリティのビットコインETFが誕生するのは時間の問題だと私も考えています。

この半年間が仕込み時かもしれませんね。

これをチャンスと捉えるかどうかは投資家次第です。

879789789

もし、ビットコインに投資をするのに躊躇しているのなら、つみたて投資が出来るコインチェックがお勧めです。

というのも、コインチェックは毎日300円からの「つみたて投資」に対応しており、長期で分散して、積み立てることが可能であるためです。

何も考えずに、ただ積み上げるだけで上昇相場の恩恵を受けることが可能です。
コインチェック

最短で即日、口座開設も可能です。
 
なお、取引所手数料は「無料」なので、ビットコインを買うならコインチェックが断然オススメだよ。

※いつもありがとうございます。
 応援ボタンを押して頂けると嬉しいです。
 昨日は250人の方が押して頂けました。
 ありがとうございます(^^♪
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村



【ビットコインへの投資はこちら】
セキュリティ重視で、マネックス証券が主幹株主です。コインチェックがおすすめ(^^♪
コインチェック