お疲れ様です。
退職金ぶちこみ太郎です。

会社は労働者にケチだと思いませんか?

全然、お給料を増やしてくれません(-_-;)

「こんな給料では老後資金を貯めることが出来ない」という声が聞こえてきます。



そもそも、労働者とは、会社が利益を出すために雇った存在に過ぎません。

安い給料でこき使われるのは当然なのかもしれません。



ところが、不思議なことに「退職金」は大金を支払ってくれます。

上場企業や公務員なら、1500万円~2000万円という大金を支払ってくれます。



ですが…違和感があります。

どうして、会社はそんな大金をサラリーマンに支払ってくれるのでしょうか?




考えても見て下さい。

あなたの会社は社員想いな会社でしたか?

契約社員を雇ったり、派遣社員を都合良く解雇しませんか?

若者の人生を潰したり、経費削減を要求したりしませんか?

はっきり言って、会社はそんなに優しい訳ありません。



そんなケチな会社が、これから組織を去る人間に気前良く大金を渡すのは違和感があります。

退職時に2000万円も渡してくれるのは、何か理由があると考えるべきです。

今回は「複利」でなら、2000万円くらいなら簡単に稼げるという話をしたいと思います。

789789789

当たり前ですが、退職金を得る為には定年まで勤めなければなりません。

大卒の22歳ならば入社して、60歳の定年までの38年間勤める必要がある訳です。

つまり、会社からすると退職金を支払うまでに38年間の猶予があるとも言えます。

38年間、資金を運用した後に退職金として支払えば良いわけです。
 



ちなみに米国株の平均リターン7%です。

2000万円が38年前はどれぐらいの価値だったのかを調べてみたいと思います。



米国株のインフレ調整後の実質的なリターンの平均値が7%であることを考慮し、ファイナンス論によって割り引いて計算します。

2000万円を38年間、7%で割り引き続けると…なんと、153万円の価値しかありませんでした。

 38年前に遡ると退職金は153万円の価値しかありません。

別の言い方をすれば、22歳の時に153万円を投資をしていれば、2000万円くらいなら平均リターンのパフォーマンスで稼げてしまうということです(^^♪

89789987987

20世紀最大の物理学者とも言われるアインシュタインが「人類最大の発明」と呼んだものは複利です。ですが、「複利」は古代ローマから存在しており、特別珍しいモノではありません。

アインシュタインなら当然、複利を知っていたはずです(笑)

その真意は別のところにあると私は考えています。


“Compound interest is man’s greatest invention. He who understands it, earns it. He who doesn’t pays it.”

複利は人類による最大の発明だ。

知っている人は複利で稼ぎ、知らない人は利息を払う。


アインシュタイン
アインシュタインは「複利」の凄まじさを紹介するとともに、金融リテラシーのある者は複利で稼ぐことができ、知識が無い者はローンを組み、利息を奪われ続けると言っているのだと思います。





そして、世界一の投資家バフェットの根本的な考えには「複利」があります。

どんな少ないお金でも、長期で投資を続ければ爆発的に資産が増えていきます。

特別な才能は必要ありません。

節約して、長期投資をするだけで、資産を築くことが可能なのです。

8678767

バフェットの有名なエピソードですが、バフェットはエレベータの床に1セント硬貨が落ちているのを見つけ迷わず拾い上げています。

乗り合わせた人たちは世界的大富豪の行為に驚きましたが、バフェットはこう言いました。

「10億ドルへの第一歩さ」

こう考えるからこそ、バフェットはどんなにお金持ちになっても、若い頃に買った家に住み続け、そして食事はコカ・コーラとサンドウィッチさえあればいいという質素な生活を過ごしているのです。


「10億ドルへの第一歩さ」

ウォーレン・バフェット



会社員の給料はそこまで大きく変わりません。

お金持ちと貧乏人との違いは「金融リテラシー」によるところが大きいと思います。

「複利は人類による最大の発明だ。知っている人は複利で稼ぎ、知らない人は利息を払う。」とはよく言ったものだと思います。



お金持ちになっても、1セントを大事にして、投資を続けたバフェットと…

カネが無いのに高級車をローンで利息を支払い続けている貧乏人…

投資リターンを受け取り続ける投資家と、利息を奪われ続ける債務者…どちらが成功できるかは明白ですね(^^♪



老後の資金が無くて困っている人はどうするべきだったのか?

答えは明白です。

若い時に投資をしていれば良かった。

ただ、それだけで良かったのです。
4322442323

株式投資は早ければ早いほど有利です。

私は今後も投資を続けていきたいと考えています(^^♪

※いつもありがとうございます。
 応援ボタンを押して頂けると嬉しいです。
 昨日は240人の方が押して頂けました。
 ありがとうございます(^^♪
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村



※スマホの方は5秒で済むので「読者登録」をクリックして頂けると助かります。




【米国株への投資はこちら】
マネックス証券は情報量が半端ないです。
超おすすめですよ(^^♪
マネックス証券