お疲れ様です。
退職金ぶちこみ太郎です。

株価が下がりそうになると、投資家は様々なアクションを起こします。

時には新たに株を購入し、時には債券やゴールド、ETFを買ったりします。





そこで、参考になるのは投資ブログです。





ゴールドは買いだ!







SPYDも買いだ!






投資ブログでは様々な買い時を教えてくれます。

・ゴールドは買い時!
・SPYDは買い時!
・10年国債は買い時!
・エクソンモービルは買い時!
・フィリップモリスは買い時!
・Amazonは買い時!
・Appleは買い時!


投資ブログを読んでいると様々な買いのタイミングを教えてくれます。

とてもありがたいですねw






ですが、私は疑問に思っていたことがあります。

投資ブログは買い時は教えてくれるのに…

何故、売るタイミングについて言及することは少ないのでしょうか?




投資ブログによっては、企業が成長しても、株価が下がっても、常に「ナンピン買い」を続けるブログもあります(笑)




ちなみに私も株を売るタイミングについて言及することは少ないです(-_-;)

投資ブロガーからすると、「買い」という記事は、読者受けするので、どうしても買い推奨の記事に偏ってしまうんですよね。





ですが、投資は売買することで、投資は成り立ちます。

ですので、「買い」一辺倒だとアンバランスです。

「買い」だけではパズルは半分しか完成しません。






買いのタイミングばかり言及しているのでは、バランスが悪いと思います。

株価が過剰に上がったら、売るべきです。

株価の損失が重なれば、損切するために売るべきです。

ひたすら、ナンピン買いをすればOKというのは誤っています。

適切なタイミングで「株を売る」のは大事なことだと思います。






ただ、誤解しないで欲しいのは、私はあくまでも長期投資を基本としています。

SP500や安定した大型グロース株は、基本的に売る必要は無いと思っています。

逆に衰退しつつある企業や小型グロース株は利益確定や損切は必要だと考えています。






では、いつ売れば良いのか?

あまり、言及するブログは少ないので、オニールの投資手法を参考にしたいと思います。






まずは損切です。

買値から8%で必ず、損切をする。

これはグロース株だけでなく、バリュー株投資家も一考するべき事柄だと私は思います。

損切に関しては、過去の記事で繰り返し述べているので、割愛したいと思います。








では、利益が乗っている銘柄はいつ売るのか?

どんなに成長する銘柄でも、爆発的な成長の後、株価は天井を迎えます。

その天井になった「サイン」を見逃してはなりません。

特に小型グロース株はシビアであるべきです。





オニールの投資理論は複雑なので、興味のある方は実際にオニールの書籍を手に取って勉強して欲しいです。限られた時間では要点しか語ることできませんので(^^♪

オニールの成長株発掘法 【第4版】
パンローリング株式会社
2013-01-25


オニールは22点ほど売るべきタイミングを述べていますが、私が個人的に使えるなと思った「売り」のポイント簡潔に記述しておきます。

本来なら、チャートを貼り付けて、細かく述べたいのですが、当ブログは初心者向けなので、簡潔に7つほど紹介したいと思います。




1.一日の上昇幅が最大
株価が何カ月も掛けて上昇
かつ、その後、
株価が最大の上昇をしたら「売り」




2.クライマックスストップ
週足チャートで急速な上昇が2~3週間継続して上昇
または、
日足チャートで7日連続で上昇
または、
日足で10日中、8日で急速な上昇

これはクライマックスストップといわれ、「売りのサイン」となります。




3.売り抜けの兆候
人気銘柄が長期で上昇した後、
大商いなのに株価が上昇しない

機関投資家などの売り抜けのサインとなります。




4.株式分割
株式分割で株価が上昇し、株価が25%以上、上がれば、「売り」のサインです。

そういえば、Appleの株価が上昇してたけど、大丈夫かな(-_-;)




5.株価の勢いが無くなる
以前は4日上昇した後に2日下落。

現在は4日下落した後に2日上昇。

下落しつつあるので利益が乗っているうちに売却。




6.トレンドラインが下に抜けて引ける
トレンドライン(数カ月の期間で、安値を少なくとも3つ選び、線で繋ぐ)が株価が下に突き抜けていると「売り」です。




7.200日移動平均線が下向き
長期に渡って上向きだったのに、下に転じると売りを考える。

200日移動平均線の下で新値をつけると「売り」。




これらのサインが現れたら、売りです。

サインが出る前に20%~30%の利益が出たら、利益を確定させます。



ただし、わずか1週間~3週間で株価が20%以上、上昇した場合は大化け銘柄である可能性があります。

株価が2倍、3倍になる可能性がある
ので、利益を確定してはいけません。(8週間は保有する)

なお、このような銘柄は極めて少なく、オニールによると10銘柄に1つか2つしか、大当たり出来ないそうです。

別の言い方をすれば、1つ大当たりをするのに、9回は失敗する覚悟で臨む必要があります。

だからこそ、株価が下落したら「8%で損切」する必要があるわけですね。



その大当たり銘柄は最近ですと、
Zoomやドキュサインがこれに当たります。

オニールは失敗しても1つ大当たりがあれば良いという考えです。

だからこそ、利益確定や損切することで、資産を守るのですね。



投資ブログを読んでいると「買い」ばかりクローズアップされがちです。

だけど、買った後にどうするか?

「買い」と同じぐらいに「売り」も重要だと私は思いますよ。

97978978

ぶっちゃけ、個人ブログがオニールを紹介するのは難しいですw

私が書くよりも絶対購入して読んだ方が良いです!

オニールの成長株発掘法 【第4版】
パンローリング株式会社
2013-01-25



※いつもありがとうございます。
 応援ボタンを押して頂けると嬉しいです。
 昨日は164人の方が押して頂けました。
 ありがとうございます(^^♪
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村





【PR】
超簡単に銘柄分析できる方法を紹介

989879879

過去のPER、業績、キャッシュフロー
セグメント、過去の配当利回り…

876876786

すべての情報を網羅したマネックス証券銘柄スカウターが超使える!

97968746

たったの5分で簡単に口座開設!
米国株投資家の武器になります!

↓ ↓ ↓ ↓

マネックス証券は便利ですよ!

マネックス証券





【読んでくれてありがとう】
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村