お疲れ様です。
退職金ぶちこみ太郎です。



日本経済が大きなダメージを負っており、国民の不満が溜まっています。

安倍政権の支持率は下落の一途です。
(野党の支持率も上がっていませんが)



そこで、安倍政権は起死回生の一手として、
消費税減税の検討を始めたそうです。




安倍総理からの信頼が厚い太田氏が財務省次官に抜擢され、その兆候はありました。

これは消費税減税に向けた布石であると憶測が流れています。

消費税減税に対して、財務省は断固反対の立場だが、実行するには財務省を説き伏せなければなりません。

そこで安倍総理に近い、太田氏に白羽の矢が立ったという見方が広がっています。


 7月20日、財務省事務次官に太田充主計局長が就任した。安倍首相は、森友学園を巡る公文書改ざん問題で理財局長として国会で対応した太田氏を高く評価していた。

さらにコロナ禍に対応するため、超大型の補正予算を2回編成したが、財務省側で奮闘したのが太田氏だった。「減税には徹底抗戦する財務省を説き伏せる上で、これほどうってつけのトップはいない」(官邸関係者)

自民党幹部は「補正予算に続き、景気を刺激する『第三の矢』として消費減税が浮上している。8%どころか5%まで一気に引き下げる可能性もある」と明かす。

 安倍首相は、麻生太郎財務相と会食などの際にこまめに相談。早期の衆院解散を進言している麻生氏は「消費減税なら解散総選挙の大義名分になる」と指摘しているという。

エスピー通信





自民党内でも減税をするべきだという意見が高まっており、消費税減税が一気に現実味を帯びていました。


安倍晋三首相の経済ブレーンとして知られた本田悦朗・元内閣官房参与が28日、国会内で講演し、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた経済対策として消費税減税が有効だと訴えた。

自民党若手有志の議員連盟「日本の未来を考える勉強会」の会合で「せめて5%に下げないと十分ではない」と語った。

本田氏は、経済が正常化したと判断できる段階まで続ける必要があるとした。

東京新聞

genzei_happy_family




これに対して、何か知らんけど、野党の支持者が怒っているのが面白い。

減税を検討しても批判するんやねw






↑ ↑ ↑ ↑ ↑

そんな怒らんでも良いやんwww






さて、政治家たちは好き勝手に消費税減税を叫んでいますが、日本の財政状況は大丈夫でしょうか?

給付金を10万円を配って、補正予算を組んで、国の財政は火の車のはずですが...



こちらは主要各国の財政状況で、急速に悪化しているのが分かります。

3DC04264-4E9B-4060-A1C9-99D6A80F259C

あ...あかん...(゚Д゚)ノ

主要国政府は異例の規模で財政出動を決定し、未曾有の赤字が見込まれています。

当然ながら、将来の金利上昇という形で、強烈な副作用が起きる可能性があります。






それでも、政治家達は生き残る為に、減税に向けて、動かざる得ません。

与党も野党も結局は目先の「選挙」の為に減税を検討しているに過ぎません。

日本だけで無く、世界中で膨大な債務が膨れ上がっていますが、それを止める術はありません。

コロナの大流行で、ギリシャ債務危機なぞ、可愛いレベルで財政赤字が加速しており、どこかの国で債務危機が発生する可能性が高まっています。

給付金や減税は国民にとって、耳障りの良い言葉ですが、打ち出の小づちのようなモノは存在しないので、いずれ大きな副作用があるのは明らかで、結局は将来の国民の負担が増えることになるでしょう。







減税には賛成ですが...
債務危機が発生しないか心配

02_白
だからこそ、世界中に分散投資が必要です




※いつもありがとうございます。
 応援ボタンを押して頂けると嬉しいです。
 昨日は195人の方が押して頂けました。
 ありがとうございます(^^♪
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村