お疲れ様です。
退職金ぶちこみ太郎です。

株価が下がっていた影響で、投資を始めた人が増えているようですね(^^♪

ネットを巡回すると、投資家になった夫が、妻に優しい気遣いをする心温まるエピソードを見つけました。

ネットでは心温まるエピソードとして紹介されていました。

どんな内容かな~
ワクワク(ू•ᴗ•ू)

元ネタはこちら

B863EDE0-7316-4C8C-BB44-4E6D1E1CAE4F

33B541E2-189A-468E-A237-8B50562DEA1A

夫は銘柄分析をどのように
行うのでしょうか?

B904CACA-BA4D-4034-970A-B78A28E9611E

なんと、妻が銘柄を選ぶことにw

0AF8C04A-09F2-4723-8979-DA771049F379

じゃあ、株主優待で良いや

信頼されていて、とても嬉しい♡







妻に投資を任せる夫。

この漫画の読者はこの優しい夫に好印象のようです。

心温まるヒューマンストーリーだと評価されていましたw

めでたし…
めでたし…???










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。







投資家として、どう思いますか?コレ…

そんな適当に投資をしても勝てないよね。




株主優待だけで釣られちゃダメですよ(笑)

このような人は投資では成功しない思う。

その理由は、全く銘柄分析をしていないからです。





私からすると、妻に銘柄選択を丸投げするとかあり得ないんですよw

本当に長期投資に相応しい銘柄なのか、自分で確認する必要があります。






ちゃんと、銘柄分析をしないと
ダメだよ!

16
適当に銘柄を選んで勝てるわけないから!







とはいえ...気持ちは分かります。

何故なら、私も投資初心者の頃は、優待目的で投資をしていたからです。

だから、他人に偉そうなことは言えません(笑)




きっと、投資を舐めている訳では無くて、そもそも分析方法も知らないし、財務データの見方も知らないんだと思います。




ですので、今回は初心者でも銘柄分析する方法を紹介します。

また、英語や財務知識が無い人でも、企業のデータを簡単に確認する方法も紹介します。

初心者向けの記事ですが、お付き合いして頂けると嬉しいです。








・長期投資家はチャートを見るな

株式投資の初心者の方は株価のチャートを見てしまうと思います。

「株価が下がったら買い!」みたいな感じですねw

分かります(^^♪
私もそうでしたから(笑)





だけど、長期投資家にとって株価チャートはあまり重要ではありません。

見るべきは過去の財務データです。

良好なファンダメンタルズが長期投資に耐えうる企業であるかを確認する訳です。

本当に良い企業であるかを自分自身で確認し、良い企業である限り保有し続ける。これが長期投資のあるべき姿です。





 
皆さまは決算を読まれたことはありますか?

決算って、数字が多く記載されていて、苦手意識があると思います。

 財務諸表とか数字の羅列になっていて、読むだけで頭が痛くなります(笑)





私は投資ブログを運営しているので、モーニングスター(英語版)でデータを集めていますが、初心者にはハードルが高いと思います。

ですので、今回はマネックス証券の銘柄スカウターを使いたいと思います。

銘柄スカウターは企業名を入力するだけで財務データを出すことができるので、簡単ですよ(^^♪

今回は銘柄スカウターを使って、銘柄分析したいと思います。




さて、難しい言葉を使っても仕方が無いので、絶対に見るべきポイントだけを載せます。

初心者でも理解できるように大事な部分だけを抜粋しました。

肩の力を抜いて、重要なポイントだけ覚えちゃいましょう(^^♪









・売上高と純利益

売上高は会社の主な活動によって得られた収入です。

純利益は全ての経費、税金を差し引いた後に残る利益です。(こちらの図では当期利益と書かれていますが、純利益と同意味です。)

この売上高と純利益が右肩上がりである企業は成長を続けています。

当然ながら、成長している企業は株価の追い風となり、投資家にとって良い企業です。

A085BDF0-A5E3-46F1-823A-CD3FE5D3A453







・ROEとROA

ROEは株主資本を効率的に利益を出しているかの数値です。

ROEは、EPS÷BPS(1株当たりの純資産)×100で計算されます。

ROEが高ければ高いほど、資本を効率的に稼いでいる証左であり、投資リターンにも影響します。



アメリカ企業の平均が16%なので、これを超えていると数値であることが求められます。

長期投資に相応しい銘柄はROEは20%程度は欲しいですね。



ただし、自己資本比率が極端に低い企業はROEの性質上、高い数値になってしまいます。

これでは本当に効率良く稼いでいるのか、ただ単に自己資本が少ないだけなのか判断できませんね。



だから、ROAも確認しましょう。ROAは負債を含めたすべての資産をいかに効率的に運用できているかを表しているので、ROAも高ければ問題ありません。

9DF644F3-7589-4FB4-9661-58E0C4DCBD49
31618E57-9104-4FB2-84C6-B703E5D9EE0F








・キャッシュフロー

はい、超重要です(^^♪

営業キャッシュフローとは営業活動によって得られたキャッシュです。

フリーキャッシュフローとは企業を自由に使うことのできるキャッシュです。

フリーキャッシュフローは配当金や自社株買いなどの源泉となります。

つまり、フリーキャッシュフローが十分にある企業は株主に還元できるだけのお金持ちの企業ということです。



どれだけ、純利益があっても、現金が金庫に残っていない企業はダメです。

何故なら、株主還元できるだけの資金が無いからです。

9AFF1E3B-9597-478A-909F-1F1F36C72E72

投資キャッシュフローが毎期マイナスである会社は、常に設備投資を繰り返している会社であり、現金が残らない構造である可能性があります。

設備投資をする必要の無いビジネスが理想的で、フリーキャッシュフローが十分にある企業に投資をするべきです。

営業キャッシュフロー=フリーキャッシュフローとなるような企業が理想的ですね。

フリーキャッシュフローがある企業は配当金や自社株買い、または十分な資金力を活かして企業買収をすることで成長を続ける可能性があります。








・株価は適正価格か?

さて、最後に確認するべきことは株価が適正価格であるかです。

どれだけ良い企業に投資をしても、割高な値段で購入しては投資リターンが下がります。


 
PERが参考になるでしょう。

PERとはEPSが株価に対し何倍まで買われているのかを表しており、株価が割高がどうかを表す数値です。

一般的にはPERが20倍以上が割高だと言われます。




ただセクターによって、PERは変わってきますし、一概には言えません。

個人的には、成長を続ける優良企業であるならば、多少割高でも思い切って投資をしても良いというのが私の考えです。

EPS成長率にもよりますが、PERが20~40倍でも、私なら思い切って投資をすることもあります。これは考え方にもよりますので、一概に正しいとは言えません。

ただ、確実に言えるのはどれだけ優良企業に投資をしても、馬鹿馬鹿しいほどの株価で購入してはリターンは少なくなります。

過去の平均的なPERを調べ、極端な割高状態になっていないかを確認するだけで高値掴みを避けることができます。

F9CD1126-5EE8-4DA9-8C8B-3C1E29CE381D

これはマスターカードの銘柄を調べたのですが、PER41倍が過去の平均値でした。

現在は39.7倍であることを考慮すると、過去と比較すると平均値以下であることが分かります。

この数値を企業の成長率を考慮して、株価の適正価格を考察するわけです。少なくとも現在のマスターカードは極端な割高状態では無いのは確かです。

過去の平均PERを知っておくことは重要です。





次は財務データを確認する方法について説明するね(まだ続きます)
37





ザックリと重要な部分だけを紹介しましたが、如何だったでしょうか?

深く銘柄分析をするとキリがないので、今回は重要な部分だけを紹介しました。

参考になれば幸いです。






さて、先程から過去の財務データを載せました。

しかしながら、財務データを入手出来なくては銘柄分析することができませんねw

バフェットの銘柄選択術によると、最低でも過去8年分の企業実績を確認するべきだと書いていました。

企業の財務データを簡単に入手する方法を紹介します。

・売上高
・純利益
・ROE
・ROA
・営業キャッシュフロー
・フリーキャッシュフロー
・平均PER
・平均PBR
・配当利回り


これらの財務データをどうすれば入手できるのでしょうか?





初心者の方はマネックス証券の銘柄スカウターを利用するのがベストだと考えています。

企業名を入力するだけですから、超簡単(^^♪

たったの3秒で投資で役に立つデータを全て出すことが出来ます。

無料で利用でき、ネット上で簡単に口座開設できます。

マネックス証券は使えるので御奨め(^^♪

マネックス証券





私は銘柄スカウターを使うだけの為にマネックス証券を口座開設しました(笑)

というか…他の証券会社が情報が少なすぎて、使えないんですよね。

個人で銘柄を調べるには銘柄スカウターで十分だと思う。

F21D77AB-903A-4D52-9A54-5FB7F0CA6EAD
企業名を入力するだけで...



↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓





56894736-A5F8-45F7-839B-1E74CA36D841
役に立つ財務データを閲覧出来ます

※こちらはマスターカードの四半期決算のデータ(2015年~2020年)です。

マネックス証券は使えますよ(๑• ㅂ• )و✧






ぜひ、投資の参考にしてね
40
サクサク閲覧できるから初心者にも御奨めだよ




※いつもありがとうございます。
 応援ボタンを押して頂けると嬉しいです。
 昨日は150人の方が押して頂けました。
 ありがとうございます(^^♪
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村



★☆★銘柄スカウターはこちら★☆★
マネックス証券