退職金ぶちこみ太郎です。

コロナウイルス感染拡大対策の影響で経済活動が停滞しています。

音楽ライブも…
スポーツジムも…
旅行会社も…
学校行事も…
花見も…

日本中が自粛ムードです。

非正規労働者やフリーランスの方を中心に、収入に打撃を受けている方が大勢いる状況です。

877899789




日本中の企業が打撃を受けていますが…
逆にコロナで儲けている業界がいます。

それはマスコミです。

実はテレビ局はコロナウイルスの影響で視聴率が大幅にアップしているのです。




左がコロナ発生前の平均視聴率
右がコロナ発生後の視聴率です。
「首都圏ニュース845」
14・3%→20・2%

「ニュースウオッチ9」
11・1%→16・6%

「NHKニュース7」
16・4%→21・3%

「新・情報7daysニュースキャスター」
15・0%→18・5%
大幅に視聴率が上がっているのが分かりますね。

「報道ステーション」
20・0%越え!

「羽鳥慎一モーニングショー」
は番組最高視聴率を叩き出しました。

まさにコロナウイルス特需と言えます。

今に始まった話ではありませんが、マスコミは国民を煽れば煽るほど儲かるようになっています。






さて、本題...

トイレットペーパーやオムツの品切れ問題が発生し、大変迷惑な出来事が発生しています。

テレビ局の報道によるとSNSが原因とのことです。

これは「マスク」と「トイレットペーパー」の材料は同じだからトイレットペーパーが無くなるというデマがSNS上で流れたのが原因ということになっています。

しかし...
このSNSのデマが原因というのは納得いきません。


何故なら、SNSを妄信している層は若い世代であり、物流が混乱するほどの影響力があるとは思えません。

読者様はSNSを見て、「トイレットペーパーを買い占めないと」とパニックを起こしましたか?




まさか!

SNSの情報を信用して買い占めたりする人はごく一握りです。

むしろ、テレビ報道を見て、初めてそのようなデマを知った方が大半のはずです。





では、そのデマを拡散させた真犯人は誰だったのでしょうか?

それはマスコミです。

たまたま陳列棚に商品が無くなった映像で流すことで、トイレットペーパー不足だと錯覚させ、大騒ぎしているのです。
75656657



デマを流しているのはマスコミの方なんですよ。

テレビで「トイレットペーパーが無くなるらしいぞ。絶対に買うなよ。」と映像で流すことで、デマが本物になるのです(笑)

4243234

こんな映像が流されると不安になるのは当然です。

新型ウイルスで不安になっている国民を煽っているのだ。

こんな状況になると、デマを信じていない層まで買わざる得ない状況に追い込まれます。







デマを拡散させた真犯人は
マスコミだぞ

479BE402-C82D-4F34-89E7-1E856F956A00 (2)
絶対に確信犯だと思います





にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村