退職金ぶちこみ太郎です。

2019年10月から消費税10%が始まりました。

総務省によると、年収500万円世帯は消費税10%なら21.2万円を税金として支払っている計算になるそうです。(軽減税率は考慮せず)

8%から10%への増税も馬鹿になりません。

とはいえ…。
子育て支援も大事なことですし、増税は仕方が無いと割り切るしかないですね。






ところが!

今度は消費税を17%に引き上げるべきという声が上がっているのをご存知ですか?

それは経済同友会です。

経済同友会の桜田謙悟代表幹事は日本記者クラブで会見し、消費税増税について発言をしました。

「消費税10%では財政が持たない。17%にするべき。」と語り、話題となっています。

桜田氏は国の予算の3分の1が社会保障に使われる現状を問題視し、現役世代の負担増を抑えるため「痛みを伴う改革」の実現を政府に求めました。

消費税が10%になった途端、早くも足らないという議論が始まりましたね。
ACCCD1B9-37DC-4A34-A2C5-44235D6D773F
痛みを伴う改革とか言ってるけど...

いや、これ絶対に企業が負担をしたくないから、庶民に税金を負担させようとしてるだけでしょ(笑)







経済同友会は大企業の取締役が中心となった公益法人です。

2019年度は三井住友銀行、日本電気、リクルート、帝人といった企業が理事を務めています。

自民党にも民進党にもパイプがあり、政治的にも発言力を持っています。

消費税17%にしたい(企業が負担したくない)というのが経済界の本音なのですね。

今年の4月にも「消費税率は14~17%まで引き上げないと財政再建の目標は達成できない」と述べていましたが、同様の発言を経済界は繰り返し発言しています。

PPC_1manensatu4mai_TP_V (1)

消費税17%にすると、消費低迷は避けられません。

私の個人的な考えは日本の財政破綻はあり得ないと考えてるのですが、これからの消費税増税の圧力は強まり続けるのでしょう。

今後も消費税が上がり続けるのは既定路線であると思われます。



消費税が上がる

消費が低迷する

企業の利益が減る

経済競争で負ける

日本は更に貧しくなる

少子化が進み、日本は衰退する

日本\(^o^)/オワタ

933E3B0D-04BE-4BE7-92D4-91AFD224F3D8






日本は貧しくなりますし、これからも消費税は上がり続けます。

もしかしたら、今が一番、貯金ができる時期なのかもしれませんよ(笑)



これからも税金が高くなるんだろうな~と指を咥えて眺めていては意味がありません。

今から貯金をして、投資をする資金を貯めること。

これが大事です。

当たり前のことですが、一歩ずつ資産形成にむけて行動してゆきましょう。


avatar20190313004531


↓モチベUPの為に応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村