剛力彩芽「私、投資家ですか?」



証券会社「はい、投資家です。」
D3D20C00-0FA4-4A4C-88AC-34AEDFA983EA
やったー\(^o^)/
投資家デビューwww




退職金ぶちこみ太郎です。

この懐かしいCMを覚えていますか。

このCMを見て、ニーサを始めた人が多いんじゃないでしょうか?




2014年にはなばなしく華々しく始まったNISA。

120万円を上限に5年間非課税にする制度でしたが、少額投資非課税制度(NISA)は一般人にとって有り難い制度でした(^^♪

イギリスを模倣して始まったNISAは、金融界のキャンペーンにより、投資が日本に広まるきっかけになりました。




ただ、問題点も指摘され、2014年から2023年までと口座開設期間が短い為、金融界からはNISA制度の恒久化を強く要望されていました。

また、非課税枠を200万円に拡大しようという動きもあり、これ以上は改悪されないだろうと投資家からは期待が高まっていました。







ところが、いざ、2023年度以降のNISAについて議論が始まったところ、残念な結果となりました。

政府は2023年までの期限付きで導入されたNISAについて、恒久化を見送る方針を決定しました。

Yahoo!ニュースによるとNISAは富裕層への優遇だと批判され、断念したそうです(笑)




いやいや・・・。
これは無いよねwww

年間120万円のニーサが富裕層の優遇措置???
あり得ないですよ(笑)



当然のことながら、この決定に不満を持った投資家が多いです。



私も同意見ですね。
NISAは持たざる「庶民」の為の制度です。

120万円の投資で富裕層とか言われても困ります。

こちらが日本の本当の富裕層の割合です。
4F4AA982-4CBF-47F2-9CAF-BD034DEC86C4
私達のようなサラリーマンは資産3000万円の未満の層が圧倒的でしょう。

120万円が富裕層への優遇とか、あり得ない!

NISAを止める理由に「富裕層への優遇」を理由にするのは…。

政府の誤魔化しです!








何故、このようなことになったのでしょうか?

政府の決定には腑に落ちない部分が多数あります。

NISAは国民に投資を根付かせるための制度でした。

非課税で投資ができるニーサをきっかけに投資を始める人が大勢いたのです。EC3961A4-9B49-491C-B0FF-4152FC9BA41E
わーいw
非課税だw
投資を始めようw

NISAは国民に投資を根付かせる制度でした。

でも、それはまき餌だった…。
国民が投資の甘い蜜を吸ったところで、税金を搾り取る罠だったといえます。

一般NISAの口座数は1117万口座
NISA買付総額は10兆5000億円越え


既に搾り取る段階になったということでしょう。
86072BAB-B30F-4308-A169-29A4FD656160
国の財政は厳しく、取れるところから税金を搾り取る。

タバコ税と同じく、取りやすい税金なのでしょう。

投資に興味を持ったところで税金として巻き上げる。

最初から、これが狙いであったかのようです。






要は本気で国民に投資を根付かせる気は無かったのです。

たんす預金を吐き出させ、国民から税金を搾り取るのが目的だったと言われても仕方ありません。
CAA05364-AD77-4B49-8A06-4FC0366619C8






おそらく、2023年でNISAは終了となる公算が大きいです。

投資をすることで国が豊かになると信じている私はガッカリです。



元々、NISAは2014年から2023年まででしたので、仕方が無いという見方もあります。

だけど、NISAを辞める理由が金持ち優遇だと言われても納得できませんね。

789798789

つみたてNISAは健在なので、これからは投資信託を中心に投資を続けることになるでしょう。

個別に株を保有する人はお金持ちだけの特権になるかもしれません。

投資好きからすると、寂しくなりますね( ;∀;)


↓モチベUPの為に応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村