退職金ぶちこみ太郎です。




中高校生に10万円の支援をします
229C6B1A-743F-49EC-BF03-59A30EAA7936
子供達に投資を体験して貰いたい






この発言をしたのは元村上ファンドの村上世彰氏。

彼は村上財団を設立しました。

中学生・高校生向けに最大10万円の投資資金を提供、自己資金を使わずに投資ができるチャンスを与えました。


まだまだ日本には、「お金は汚い」「子どもはお金のことを知るべきではない」といった考えが根強く残っています。

結果、子どものころにお金について学ぶ機会がなく、正しいお金の使い方を身に付けないままに社会に出ていく人たちが多いのではないか。

34F836D0-8B99-446C-AA33-AF45C4FFE65C

これでは、多くの人が目的もなく貯めこむばかりで、お金がいろいろなところで滞留してしまい世の中はなかなか変わらない。

ぜひ子どもたちには、「お金は汚いものでも悪いものでもなく、ただの道具でしかない」ということを知ってもらいたい。

そして、どうやってその道具を使うことで自分が幸せになれるのか、社会が元気になっていくのか、小さいころからお金と向き合い、慣れ親しんで、お金についていっぱい考えてもらいたい。

そのきっかけとして、「投資体験」はまたとない機会になると信じています。



 村上財団 村上世彰

中学生・高校生に資金を与え、投資をさせ、結果を見て、投資に活かせる「判断力」や「論理的思考力」を実践的かつ効果的に指導していくとのことです。

村上世彰、神じゃんw

現金を支給し、損失が出ても返金する必要も無いみたいです。

ネットの情報を一ミリも信じていない私が感動しましたw




ちなみに私も投資に触れたのは中学生だったから、早期の金融教育には大賛成です。

子供の頃に受けた投資経験はインパクトが強く、忘れることはありません。

逆に大人になると頭が固くなってダメですね。

私の親なんて全然、投資に興味がありません。

やっぱり、自分の子供には若いうちにお金に対して正しい知識を身に付けさせたいです。

スクリーンショット (89)





村上世彰は小学校3年生から株取引を開始していました。

Σ(゚Д゚)私より早いやんw

父親が小遣いの支払いを廃止し、小学校時に小遣いとして100万円の現金を渡したことに端を発するものでした。大学卒業時には当初の100万円は1億円を超えたというw



そしてファンドを設立し、「物言う株主」として話題になった村上世彰氏…

当時、私は村上ファンドはカネの亡者だと思っていました。確かにその一面も否定できませんが、それだけでは無かった。

官僚を務めていた時に、上場企業の役員が有価証券報告書を全く理解していない事実に驚き、日本を変えないといけないと思ったと述べています。

日本企業は株主を軽く見ています。企業は銀行や政府の言うことばかりに気を配り、株主に還元をする意識が低いままです。

村上世彰はモノをいう株主として、多くの敵を作りました。既得権益、マスコミを敵に回し…検察に逮捕され、村上ファンドは潰されました。

B7E88DED-8B40-4FCB-9985-29B57B54026F

60歳を超えた、村上世彰…。

ですが、日本に投資を根付かせたいという信念は揺るがないようです。

財団を設立し、子供の金融リテラシーを教育したいという理念は素晴らしいと思います(^^♪


↓モチベUPの為に応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村