※この記事はテロが許さない行為であること承知の方だけお読み下さい。



退職金ぶちこみ太郎です。

テロリストの指導者という言葉を聞いてどのようなイメージを持ちますか?

・狂信的
・野蛮
・頭のオカシイ奴

このようなイメージがあると思います。





ですが、このようなイメージは過ちです。

過去、日本で共産主義を語りながら、テロ行為を行った人々は優秀な学生ばかりでした。

こちらは、よど号ハイジャック事件やあさま山荘事件等で逮捕された犯人の方々の学歴です。
坂東國男 京都大学
永田洋子 慶應義塾大学
森恒夫  大阪市立大学
赤木志郎 大阪市立大学
若林盛亮 同志社大学
魚本公博 関西大学
田中義三 明治大学
小西隆裕 東京大学
重信房子 明治大学
奥平剛士 京都大学
和光晴生 慶應義塾大学
奥平純三 京都大学

気持ち悪いぐらいのエリート集団です。

共産主義系のテロリスト以外にもオウム真理教やアルカイダの幹部も高学歴で親が資産家であるなど優秀な人材がそろっています。



テロリスト集団のトップは
・高学歴であること
・親が資産家であること
であり、実態は世間のイメージからはかけ離れています。



アルカイダのトップはビンディンでしたが、この方も大変な資産家でした。現在のアルカイダのトップは元医者です。

アルカイダは悪いイメージしかありませんが、実態は超インテリの英才達です。

このような優秀な人材が作った組織は極めて合理的な手段で活動しているのです。









9月11日、午前8時46分40秒・・・

米国が恐怖に震えあがりました。
01330CA9-FBAE-4403-9570-1F5A684DC4A7
ハイジャックされたアメリカン航空11便がワールドトレードセンター北棟に突入した同時多発テロは大きな被害を発生させました。

ワールドトレードセンターを倒壊、PATHトレインの駅は壊滅、ペンタゴンは激しく損傷と大被害です。

負傷者は6000名
死者2996名
物理的損害による被害額は最低でも100億ドルです。

では、アルカイダがテロを起こすために使ったお金は幾らでしょうか?






・・・・・・。






答えは
たったの40万ドルです。

40万ドルの費用で、死者2996名の犠牲者を出した同時多発テロは極めて合理的な手段でした。これらはエリートによって、緻密に計算された計画だったのです。

それに対抗して、米軍が報復戦争を始めましたがそれによって使った費用は1兆ドル超えです。

アメリカは40万ドルのテロに対して、100,000,000,000,000ドルという天文学的な金額を対テロ戦争に投じる必要がありました。

合理的観点で考えると、本当に米国はテロに勝てたのか?と疑問に感じます。








また、サウジアラビアの石油関連施設へのテロ行為も優れた手段でした。
00D03145-E2AB-4B7E-A851-FF2963B21DBE
たった18機のドローンによって、サウジアラビア石油関連施設に大ダメージを負わせることに成功しました。

これはサウジアラビアに産油量に深刻なダメージを負わせ、同国の産油量50%が停止、世界経済を揺るがす大事件です。

ドローン攻撃に対して、被害を防ぐ手段が無いと証明したようなモノです。




サウジアラビアの防衛能力は極めて高く、米国からの武器輸入は約7兆円に上り、最新のレーダー、F15戦闘機、最新の防空システムを整備している。

だが、何ら手を打つことが出来なかったので、世界中の防衛関係者に衝撃を与えているのです。



世界供給量5%もの石油をストップさせ、約7兆円も使った最新鋭の防衛システムを突破した今回のテロ事件…。軍事ドローンの費用はいくらだったと思いますか?








・・・・・・・。









答えは
たったの160万円です。

ドローンの費用は非常に安く、費用効果は抜群です。

7兆円も使った防衛システムを無効化させたといって過言では無く、まさに軍事的革命であったと言えるでしょう。



BBEA3F22-7290-42D7-9D41-1E8098202C0B





当たり前のことですが、これらの行為は許されることではありません。本来なら話し合いで解決させるべきです。

では、これからテロは世の中から無くなるでしょうか?

まさか!

無くなるはずがありません。
何故なら、極めて合理的な手段だからです。

これからはドローンを使った行為が繰り返し行われるでしょう。

エリートである彼らが対費用効果の優れた手段を手放すはずがないのですから…。









テロ=野蛮というのは間違い
合理性を極めた結果です

A8222C61-4B15-4DEA-987B-291BA7A57539 (1)
オリンピックが開催される我が国も警戒が必要だね








↓モチベUPの為に応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村