今回の記事は私の趣味みたいな記事です。
だから、そこまで期待しないで下さい(^^♪

グロース株は株価に勢いが無くなったら、株を売るのが原則です。グロース株に長期投資を目指すのは少数派だと思います。だから、私は変わっています。

ご理解の上、お読み下さい。




退職金ぶちこみ太郎です。

アルトリア(MO)という企業をご存知でしょうか?

アメリカでマルボロを製造しているタバコ企業ですが、この企業を知っている日本人は稀です。




私は証券会社に顔を出すのが趣味なのですが(^^♪

野村証券ではアルトリアのお客様用の資料が存在しないと言われたことがあります。大和証券に行ったときはプロの証券マンからアルトリアなんて聞いたことも無い企業だと言われたこともあります(笑)

それだけ、日本では知名度が低いアルトリアですが、ファンダメンタルズは非常に優秀です。

3213232

キャッシュフローが優秀です。多額の配当金を株主に安定して支払うことができるのは、ファンダメンタルズが優良だからです。

シーゲル流の投資家に愛される銘柄だと思います。

PER    12.98倍
益回り   7.7%
配当利回り 6.68%

低PERにより安全域が確保されています。

配当金再投資をするには最高の株です。

まるで疑似債券のように安定してクーポンを得ることができるのです。








13213213

デメリットは低成長なところで、売上高が全く伸びていません。

株価も全く伸びず、クソダサイ企業とも言えます。

近年の投資リターンはS&P500にすら届いていません。

企業の成長を重視する人からすると最低の株となります(笑)




今、イケてる企業はGAFAのようなハイテク企業です。

アルトリアに投資をするよりもGAFAやMVPといった成長企業に投資をした方が株価の上昇という形で報われてきた現実があります。




だけど…。
忘れてはいけないことがあります…。

未来永劫、成長する企業は存在しません。

どんな企業も成長が止まる時がやってきます。
アルトリアと同じ状態になるのです。




グロース株のメリットは成長している点です。
その為、市場からの期待が高く、株価は割高です。

Amazonであれ…
Googleであれ…
VISAであれ…
マイクロソフトであれ…

どんな成長企業も成長が止まる時がきます。
その時に発生するのが株価の暴落です。





その時にグロース投資家は耐えることができるのか?
株価の損失に耐えることができるのか?

グロース株に長期投資をしてアルトリアに勝てるのか?

ちょっと、面白い考えだと思うんですよね(^^♪

AME19716049_TP_V

例えば…
Googleだって成長が止まる時が来ます。

地球上の全ての人間かネットとAIを使いこなすのが当たり前の時代になった時にGoogleの成長は止まります。数十年後か百年後か分かりませんがね…。

いつかは企業の成長は止まる…
株価は暴落して損をする…

株価(市場の期待)が高いグロース株に投資をする最大のリスクです。




何が言いたいかというと…

どんな成長企業もいずれはアルトリア化するということ。

今は成長企業でも、いずれはPER12.98倍の低成長企業になるってことです。(極論ですが)





さて、グロース株に長期投資をしてアルトリアに勝てるのか?という考えは面白いと思うんですよね。

自分の保有する銘柄の成長が10年後に止まり、アルトリアと同じPERになってもリターンはあるか?って考えたりしています。









87978978

セクターが違う銘柄を同じPERで比較するのは馬鹿馬鹿しいと思いますが、あえて、タバコ銘柄と比較してみたいと思います。





VISAで検討してみましょう。

フリーキャッシュフローが十分にある将来の高配当銘柄です。

ただ、問題なのは株価が割高な点です。
成長が止まった時に暴落が起きます。

VISAの成長がピタッと止まり、株価を維持したまま、PERがアルトリアと同じ12.98になるにはEPSがどれだけ成長する必要があるのか調べました。

現在のVISAの株価は179ドルです。

EPSが13.79まで成長すれば、株価179ドル、PERは12.98を維持できます。
543534534
図にすると分かるんですが、EPSを伸ばすって大変w

EPSが13.79まで成長しないとアルトリアに勝つことはできません。

万が一、VISAの成長が完全に止まって、株価が暴落する日がやって来ても、EPSが13.79まで成長していれば大損することはありません。安全域を確保したと言えます。



ここは投資家の考え方次第ですね。

VISAが成長すると自信があるか?
成長するのが厳しいと考えるか?

人の考え方によって、VISAへの投資は短期売買に徹する必要があるのかもしれません。



現在の株価で計算しましたが、もっと前に購入した人は想定が変わります。

何故なら、購入株価が人によって、違うからです。




私の場合はVISAを78ドルで購入しました。

私が購入したVISAがどれだけ成長したら、アルトリアと同等のPERになるのでしょうか?

その場合、EPSが6.01まで成長する必要があります。
43242243
これなら達成できると私は考え、VISAを長期投資する方針です。

私的な話で恐縮ですがVISAを78ドルで購入した私からすると、6.01まで成長できれば、一安心だと考えています。

私にとって、EPSが成長出来れば、VISAの成長が止まっても怖くないんです。





今回はVISAで検討しましたが、Amazonやマイクロソフトで調べてみても良いかもしれませんね。

グロース株の成長が止まっても喜んで保有できるEPSはどれぐらいだろう?と考えてみるんです。

そんな考え方も面白いのかな?と考え、記事にしてみました。








グロース株は成長が止まった時に悲惨ですw
01_白
長期投資は自信がある銘柄に限定するべきだと思います




↓モチベUPの為に応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
良い記事なら応援お願いします