退職金ぶちこみ太郎です。

私はシーゲル教授を尊敬しています。

彼の著書「株式投資の未来」は最も優れた本で、投資家なら読むべきだと自信を持って言えます。



読んだことの無い人の為に内容をざっくりピックアップしてみましょう。

・人気銘柄は「成長の罠」に陥ることでリターンが少ない

・高いリターンを得るには、高配当の銘柄に配当金を再投資し続ける必要がある

・注目されない老舗企業や不人気なタバコ会社がお宝銘柄



経済学者であるシーゲルの研究は投資家に衝撃を与えました。

人気の成長企業が低成長の企業にリターンで敗北していたからです。その理由は配当金です。


1871年から2003年にかけて、インフレ調整ベースで、株式の累積リターンの97%は、配当再投資が生み出してきた。値上がり益が生み出した部分は3%に過ぎない。

ジェレミー・シーゲル



超長期的に投資を続けると、株式投資のリターンの97%は配当金でした。

成長性から見てIBMに劣るスダンダード・オイルの方が、高いリターンだったのです。

シーゲル流の配当金再投資戦略は有効な投資戦術なのは否定できません。

そう、理論上は正しいのです。








87789978

理論上は正しくても実践するのは別問題です。

シーゲル流は投資の本質を突いており、素晴らしい内容なのは否定できませんが、億万長者になるのは難しいです。

何故か?

その理由は人間の感情です。

リターンが低迷している銘柄に長い間、投資し続ける行為に耐えるのは大変です。

あのバフェット太郎さんですら、市場平均に敗北しています。

市場がダメ企業だと烙印を押している中、買い続ける必要があります。市場がNOを突き付けた企業をサラリーマン投資家が保有し続けるのはストレスが大きいと思いますよ。

プロであるアナリストが全然、評価していない銘柄を自分だけが信じて投資し続ける…。周りが儲かっているのに自分だけがリターンが低い…。

耐えられるますか?

シーゲル流の配当金再投資は簡単じゃないんです。
挫折する人が多いのも事実です。

TAKEBE160224530I9A0327_TP_V

それともう一つ…。

シーゲル流の配当金再投資戦略は超長期投資で高いリターンが出ます。好景気の今はシーゲル銘柄のリターンは低いですが、挽回できるまで時間を要します。

フィリップモリスやアルトリアグループはシーゲル流投資家にとって、お宝銘柄でしたが…。今はボロボロの株価です。

これから挽回できる可能性はありますが、結果が分かるのは何十年も先のことです。



別の言い方をすると…。

シーゲル流投資が成功するかは20年~50年過ぎた頃に成否が判明します。もし、投資判断が誤りだった場合、やり直す時間がありません。

何十年も配当金再投資した結果、リターンは低いままで投資人生が終わった…。ってことも十分にあり得るということです(笑)

だったら、あえてシーゲル流の逆を行くというものアリだと思うんです。







3545343535

「株式投資の未来」ではIBMとスタンダード・オイルを比較する記述が出てきます。

株価はIBMの方が上昇したものの、投資リターンはスタンダード・オイルが勝利しました。IBMは株価が300倍に上昇したのにスタンダード・オイルのリターンが高かったので、配当金再投資の正しさが証明されました。

確かにスタンダードオイルの方が投資リターンは儲かっています。それは間違いありません。

RED19526E002_TP_V



でも、IBMだって素晴らしい投資リターンだと思いませんか?

「株式投資の未来」を読んでいるとスタンダードオイルと配当金再投資戦略の有効性に注目してしまいますが、IBMだって株価は300倍になっています。

だったら、IBMの300倍で十分じゃない?って思います(^^♪

投資は勝ち負けではありません。

大切なのは、どっちの方が再現しやすいかだと思います。

シーゲル流投資が成功するかは20年~50年過ぎた頃に成否が判明します。もし、投資判断が誤りだった場合、やり直す時間がありません。

だったら、素直に成長企業に投資をするといった考え方は如何でしょうか?

少なくとも、タバコ企業へ長期投資するよりも心穏やかに投資ができますよ(^^♪







私はVISAへの投資でお金持ちを目指します
01_白
シーゲルの主張を逆の視点で考えるのも面白いと思うよ





↓モチベUPの為に応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
良い記事なら応援お願いします




★こちらは投資家必見の名著です★