退職金ぶちこみ太郎です。

日本株への投資家も…。
米国株への投資家も…。

共通して、恐れていることがあります。

それは
円高です。

何故なら、投資リターンが円高ドル安になることで、投資リターンが減ってしまうからです。



円高になると日本企業の業績悪化に直結する為に株価の下落要因になります。

米国株投資家はドルによる資産を多く持っているので、円建てで計算すると、やはりリターンが相殺されてしまいます。



投資家にとって、円高=損失が発生する。

だから、円高になる前に株を売りたい。

こんな考えの人は多いのではないでしょうか?










978978978

為替の予想をする場合シナリオが二つあります。

日本が衰退するので、円安になるシナリオと…。

日米の金利の違いから、円高になるシナリオです。



では今後、為替はどのように変動するのでしょうか?

結論から言うと、円高になります。

超長期的には国力と通貨の価値は比例しますが、私達が投資家として現役の時に極端な円安になることはないと思われます。




私達が確認するべきは国力よりも金利です。

もっと、分かりやすく言うと日米の物価の違い…。

インフレ率の差で為替の価格が決定されます。




米国は景気絶好調で物価がどんどん上がっています。
つまり、通貨の価値が下がっています。

日本は少子高齢化で物価は緩やかに上がっています。
つまり、通貨の価値があまり下がらない。

その違いから円高ドル安になるのは当然のことです。
↑分かりやすい(^^♪

AME20181123B003_TP_V

これからは円高になるので…。

ここで株を売って、現金や債券に変えよう!
と思ってはいけません。


それは過去の歴史を見ても明らかで、債券や現金を保有しても長期的には資産を増やすことはできないからです。
8798978789

では円高から資産を守る為にどうすれは良いのか?

それはインフレに強い企業の株式投資を買うことです。 




繰り返しですが…。
インフレ率の差で為替の価格が決定されます。

つまり、円高ドル安の損失とは、インフレの違いと考えることもできます。

インフレが発生した分、それを価格に転嫁できれば、円高ドル安の損失を相殺できるのです。









8989987

株式投資とは株価を予想するゲームではありません。
インフレという敵から資産を守る手段です。

最も高い税金とはインフレそのもの、インフレに価格を転嫁できる企業へ投資をしていれば、そもそも円高に悩む必要はありません。

「値上げができる」これができる企業は一握りです。

・コカコーラ
・マイクロソフト
・Amazon
・ジョンソン&ジョンソン
・Apple
・マクドナルド

これらの企業はブランド力が強く、インフレが発生しても商品価格を上げることができます。

つまり、インフレを相殺できるということです。

円高ドル安とは、インフレ率の差そのものです。

長期投資をするなら、インフレが発生しても価格に転嫁できる企業へ投資する。
↑これ、重要な考えだと思います。

インフレ分を価格に転嫁できれば、名目上の利益が増加することになり、株価は上昇します。円高ドル安による損失が発生しても、株価は上昇するので問題ありません。

kum07012006_TP_V



為替の動向を予想するのはプロでも困難です。

いつ、円高になるのかなど、予想できる人はいません。

大事なのは、どう転んでも良いように備えることだと思います。

サラリーマン投資家は下手に為替の予想をするよりも、インフレが進んでも大丈夫な企業へ投資をした方が現実的な投資だと思います。



インフレ分を価格に転嫁できるのが前提ですが、ドル円の為替変動は長期ではリターンに影響を及ぼしません。安心して長期投資を継続しましょう。

長期投資で大事なのは為替ではなく、インフレに価格を転嫁できる企業へ投資するかが重要なのです。

87979879


↓モチベUPの為に応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
良い記事なら応援お願いします