退職金ぶちこみ太郎です。

お金を有効活用すべき

これは資本主義の本質です。

お金をただ銀行口座で眠らせているだけは本当に勿体ないことです。お金に働いて貰って、お金持ちを目指すのが当ブログの趣旨です。

お金をただ眠らせている人を見ると、馬鹿だなぁ…。
と思ってしまいます。



ところで…。

お金を眠らせているだけの馬鹿な人がいました。

それは私の両親です(笑)

私の親は公務員です。
実に貯金は4000万近くあると思われます。

義理の両親も共働きの公務員です。
貯金は不確かですが3000万円ほどあると思われます。

このお金がですよ…。
ただ眠っているだけなんです。

なんて、勿体ない( ;∀;)




こんなことを書くと、批判されるかもしれませんが…。

親の老後は子供たちの問題です。

両親のお金が無くなったら介護のお金は子供である私が支払わなければなりません。

親と自分は同じ船に乗っているのです。

だから、私は説得しました。
あと一歩かな…(´・ω・`)




難しいので、紙に書いてくれと言われたので、説得のために手紙を書きました。

この手紙を削除してしまうのも、勿体ないのでブログで使わせていただきます。





以下、両親への手紙です
23E6245A-9946-405C-B9B3-175274087FC9 (1)
初心者向けでごめんね













お疲れ様です。
先日、投資のお話をされましたで内容を文書で作成しました。


私の投資方法は一夜で億万長者になれるモノではありません。20年から30年かけて数千万円を稼ぐ投資方法になります。

人生100年時代と言いますし、長生きすることを前提に資産形成をすることは良いことです。

roujinIMGL8080_TP_V

結論から言うと、
バンガード社のETF
VOO(バンガード・S&P500 ETF)
に投資すれば、ほぼ確実にお金持ちになれます。

または、

SBI証券で三菱UFJ投信の
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
に投資をして自分年金を作るのも良い選択です。
弟に相続をするなら、弟名義でiDeCoをすると節税になります。

iDeCo(国による個人型年金制度)とは、自分で決めた金額を60歳まで積立てて、節税しながら老後に備える公的制度で、毎年、最大で8万円の節税になります。




資金に余裕があるならVOOに投資し、
普通のサラリーマンはeMAXIS Slimで放ったらかしで、毎年節税をする。

どちらも間違い無い金融商品です。

どちらも共通しているのは米国の平均株価であるS&P500に連動した金融商品であり、手数料がタダ同然であるということです。

個別に株を買うのではなく、市場をまるごと購入するというのが最も優れた投資手法であるのは疑いようがありません。

では順を追って、説明したいと思います。









・資産を守る為に株を買う

少しずつですがインフレが発生しており、常にお金の価値が変動しています。

銀行の預金残高は同じでも、お札の価値は減り続けています。

まず、次のグラフをご覧下さい。
8798978789
これは米国のデータですが株、国債、金、ドルの実質的な価値のグラフです。


株式は約200年で約60万倍
長期国債は1000倍
現金は100分の7の価値
になってしまっています。

インフレを考慮すると株式投資は驚異のリターンをもたらしており、逆に現金は無価値になっています。

現金を銀行に預けると損をします。

長期的には現金よりも株式の方が安全であると認識して下さい。










・市場をまるごと購入せよ

投資家には3つの選択があります。
・自分で個別に株を買う
・投資信託でプロにお金を預ける
・ETFで市場を丸ごと購入する

この中で最も優れた投資方法はETFで市場平均に連動する金融資産を購入することです。

その理由はプロにお金を預けでも全く儲からないからです。

何故か?

それは市場に出回っているお金の95%がプロが運用しているからです。

株式市場とはプロそのものであり、素人投資家が勝てるはずが無いのです。




また、それはプロの投資家も同様です。市場平均と投資信託の成績を比較すると、市場平均が完勝しています。

投資信託を購入すると信託手数料が発生します。

手数料のせいで、リターンは更に減額することになるので、プロにお金を預けても市場平均を上回るのは困難です。

投資信託が米国平均に負ける確率
1年間:48%
3年間:68%
5年間:68%
10年間:79%
20年間:82%
↑20年経過するとプロにお金を預けても87%の投資信託は市場平均にすら勝てません。

市場をまるごと購入し、市場平均リターンで満足するのが大切です。

AME20181123B003_TP_V


次に市場平均でどれだけの投資リターンがあるのかの説明です。

過去の米国株の平均株価の推移です。
90980890

1950年 16ドル
1980年 107ドル
2000年 1469ドル
2018年 2803ドル(現在)

もし、1980年に100万円を投資していたと仮定しましょう。

単純に計算すると2018年には株価上昇で2803万円に資産が増えていたことになります。

ここから更に配当金が貰えるのですから、リターンは更に増えます。

インフレ率や為替を考慮した実質的な平均リターンは約7%でした。たったの7%ですが、長期なら大きなリターンになります。

繰り返しですが、これは米国の平均的なリターンに過ぎません。

リスクが高いベンチャー企業を買わなくても市場平均で十分に稼げるのです。









・長期投資の有効性

投資で儲ける秘訣…。
それは複利を活かすことです。

まずは複利についての説明をしたいと思います。

いきなりですが、ティッシュ(厚さ0.1ミリ)を25回折り畳めばどれぐらいの大きさになるでしょうか?

答えは3355メートルです。

0.1×2の25乗は3355メートルだからです。
実際に計算すると複利の凄まじさに驚かされます。

ティッシュを25回折り畳むだけで富士山と同じ高さになるのですから、複利って凄いですね。

この複利の力を投資で活用することが億万長者の近道です。

08808809





株はギャンブル…。という意見もありますが、長期投資ならギャンブルではありません。

複利で資産を増やすことができるからです。

例えば、利回りが5%の株を買ったとしましょう。すると、配当金で毎年、株を購入できるのですから複利で資産を増やせます。

20歳の青年が60歳定年まで100万円を投資し、5%で運用したと仮定します。
88997878989
40年間投資した結果、703万円になります。
100万×1.05の40乗は703万だからです。

株価が一円も上がらなくても、配当金を再投資するだけで703万円まで資産を増やせる計算になります。

長期投資をすれば、株価に踊らされることなく、複利で資産を倍増できます。株は出来るだけ長く継続するのが鉄則です。 

大手シャンプー会社や飲料水メーカーに投資をするだけで誰でも簡単に稼げます。

株は長期投資ならギャンブルではありません。着実に資産を増やす手段となります。









・S&P500に連動するETFへ投資

優良企業への長期投資をするだけで簡単に稼げますが、1社に全て投資をするとリスクが高いです。

ですので、米国の優良企業508社全てに投資をすると、安全性が鉄壁となります。

つまり、米国平均株価であるS&P500にまるごと投資する手法です。


バンガード社のETF
VOO(バンガード・S&P500 ETF)


ブラックロック社のETF
IVV (iシェアーズ・コア S&P500ETF)


どちらも経費率は0.04%、タダ当然です。
更に配当金が2%受け取ることができます。

なお、508社の企業名は別途、添付しておきます。








・個人型年金は最強の投資手法だ

さて、S&P500ETFに投資をするのが最良の選択だとお伝えしましたが、サラリーマン限定で良い選択肢がもう一つあります。

所得税と住民税を節税できることから、節税効果は最大で年間、8万円になります。

iDeCo(国による個人型年金制度)は60歳まで降ろせないデメリットがありますが、この節税は見過ごせません。

SBI証券で三菱UFJ投信の
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
がオススメです。

信託手数料は0.160%+隠れ手数料(金額不明)
となります。

投資信託にあたるのでVOOの年間手数料0.04%と比較すると4倍以上の手数料となりますが、節税効果を考えるとサラリーマンにとって、最も良い投資商品となります。







・最後に…。

大手証券会社やインターネットでは嘘の情報で溢れています。5000も超える金融商品の中で長期投資適している商品は僅かです。

例えば、野村證券がオススメしてくる投資信託はVOOの年間手数料の70倍から100倍もの高額手数料を平気で勧めてきます。



インターネットも嘘ばかりです。ネットビジネスは仮想通貨、FXを読者に紹介し、読者を騙すと成果報酬を貰えます。

仮に1000人に仮想通貨を勧めると、ブログ運営者は2000万円を貰えるシステムになっています。業者が儲かる金融商品を買って、儲かるはずがありません。仮想通貨ブームで儲かったのは業者だけでした。

投資の世界は嘘で塗れている…。

このことを忘れてはいけません。

業者が儲からない投資をカモに教えるはずがありません。

証券会社が金融商品を勧めてくるのであるならば、それは業者にとって有利であり、貴方の為を思って勧めている訳ではありません。

よって、証券会社の推奨の投資信託は全て却下すべきです。

roujinIMGL8378_TP_V (1)




間違っても、VOO(バンガード・S&P500 ETF)を勧める業者はいません。経費率が0.04%の金融商品をプロが推奨するはずが無いのです。

だからこそ、サラリーマン投資家はS&P500に連動するインデックス投資をする価値があるのです。






汚い世界ですが、正しく投資をすれば株式投資は安全です。

大丈夫、誰でも投資で成功することができます。

以下の3つを必ず、守って下さい。

・長期投資に徹する
・市場をまるごと購入する
・株を手放さない

たったこれだけです。

この3つを守るだけで投資は成功すれば、必ず利益を上げることができるのです。

コツコツと投資を続ければ誰でも簡単にお金持ちになれるのです。





・・・。





・・・。





こんな感じかな。
初心者でも分かるように詰め込んだんですけど…。
如何だったでしょうか?

両親のお金をただ眠らせているだけなのは勿体ないと思うんです。

親と子は同じ船に乗っています。

親が裕福になれば、子供も親の老後の心配がなくなります。

だから、親の老後のお金は自分の問題でもあります。

読者様もぜひ、ご両親に投資を奨めてられては如何ですか(^^♪





私は両親に投資を始めて欲しいな
イラスト2_720白
銀行口座にお金が眠っているだけなんて、もったいない!




↓モチベUPの為に応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
良い記事なら応援お願いします





★☆★株式投資を始めるなら、こちら★☆★