退職金ぶちこみ太郎です。

S&P500への投資は最も素晴らしい投資であるというのは米国株投資家の中では常識です。

バフェットも妻へ遺言でこのように語っています。


現金の10%を政府短期債で、資産の残り90%はS&P500のインデックスファンドで運用するよう指示しました。

高額な手数料をとる運用者を抱えている他の投資家よりも、長期では優れた結果を残せると確信します。


ウォーレン・バフェット

S&P500(米国の平均株価)に投資をするだけで、プロに運用して貰うよりも高いパフォーマンスを発揮しています。

プロにお金を預けて高い手数料を払うよりも、S&P500に連動するインデックス投資をするだけで、十分なのです。

fcjj

最も有名なインデックス投資はVOO(バンガード・S&P500 ETF)ではないでしょうか。

VOOを購入するだけで米国の主力銘柄の全てに投資ができるのです。

これは米国株に詳しい人ならご存知ですよね。



ではVOOの構成割合をご覧になったことはありますか?

バンガードの公式サイトをご覧になったら分かりますが、英語ですので、読むのに時間が掛かるかもしれません。

バンガード公式サイトはこちら





ブログ村を巡回しているとVOOの構成銘柄を全て日本語で変換して下さったサイトがあったので、紹介しますね。

カブナマズさんは丁寧な仕事をします。

508銘柄をチェックしたい方はぜひ、クリックして下さい(^^♪




だけど、508銘柄もチェックするのが…
面倒だっーーΣ(゚Д゚)
と思った人は、このブログを引き続きご覧下さい。

私の記事はかなり簡潔です(笑)

時間が無い方の為にポイントだけ書きたいと思います。




まず、VOOの構成割合が大きい15銘柄はチェックしましょう。

左が企業名、右が構成割合です。
マイクロソフト(3.54%)
アップル(3.29%)
アマゾン(3.09%)
フェイスブック(1.75%)
バークシャー・ハサウェイ(1.69%)
ジョンソン・エンド・ジョンソン(1.56%)
JPモルガン(1.51%)
アルファベット(1.51%)
アルファベット(1.48%)
エクソンモービル(1.36%)
ユナイテッドヘルス・グループ(1.14%)
バンク・オブ・アメリカ(1.14%)
ファイザー(1.08%)
プロクター・アンド・ギャンブル(1.05%)
ビザ(1.04%)

構成割合が1.1%以上なのは15銘柄
VOO全体の26.2%を占めます。





では1位から15位まで紹介したので、残りの16位以下をざっくり紹介します。

なお、0.01%以上は切り上げで計算しています。

879789798

7887798


VOOの構成割合が0.1%の企業は294社を占めます。

VOOの構成割合が0.2%の企業は99社です。

合計すると…。
VOOの508銘柄中、393社が構成割合が0.2%以下です。

しっかり分散できており、企業が倒産しても、VOO購入者は大きな損失になる可能性はとても低いことが分かります(^^♪




繰り返しですが、VOOの構成割合が1.1%以上の企業は15銘柄です。上位15銘柄だけで累積構成割合が26.2%を占めていました。

VOOの構成割合が0.2%以下の企業は393社ですが、構成割合を合計すると累積構成割合は30.5%しかありません。

上位15銘柄の時価総額の格差に驚かされますね。


AME20181123B003_TP_V




さて・・・。

VOO(バンガード・S&P500 ETF)
がしっかり分散できていることが分かりました。



でも、それだけじゃ満足できないって人は
VTI(バンガード・トータル・ストック・マーケットETF)で米国3500社に分散投資できます。



世界中に分散投資をしたいって人は
VT(バンガード・トータル・ワールド・ストック ETF)に投資をすれば、先進国や新興国7000社以上に分散投資ができます。



では3つのうちどれが良いのか…。

結論から言うと、どれでも大丈夫です。



はっきり言って、日本人で外国株式に投資をしようとしている人は僅かです。

さらにインデックス投資をしようとしている人は一握りの人しかいません。

読者様は投資の究極の答えにたどり着いているのですから、どれを選んでも貴方の成功は約束されたようなものです。



皆様はどのETFを選ばれますか(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾

長期投資で資産を増やしましょう!


↓モチベUPの為に応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
良い記事なら応援お願いします