退職金ぶちこみ太郎です。

投資ブログを読んでいると、記事は2つのパターンに分類されます。

企業が成長して株価上昇
やったね(^^♪

業績が悪化して株価下落
糞がぁぁ( ;∀;)

このどちらかです。

ネットでは多くの投資記事が投稿されていますが、基本的にこの2つに分類されます。

こんな記事を毎日読んでいると、株価にばかり注目してしまいます。

TRTM9741_TP_V1

確かに株価に関する記事は面白いですよ(^^♪

ブロガーの立場として言わせて貰うと、株価の上下は最高のネタです。だから、どうしても株価に注目した記事を書かざる得ない…。

だけど長期投資にとって、株価の変動は判断材料にはなりません。 

株価の変動よりも市場の「期待値」に注目した方が良いと思います。










444234

今から、シーゲルについての記事を書きますが、私はシーゲル信者ではありません。

私の主な保有銘柄はインデックス投資、個別株ならVISAやAppleに多額の投資をしています。

私は純粋なシーゲル流投資家ではないのです。

ですが、シーゲルの言葉は重く、耳を傾ける必要があります。




投資ブログを見ていると、企業の成長や株価の推移についての記事が多いですよね。

ここで誤解してはいけないのは、株主リターンとは企業が成長したかではなく、市場期待を上回ったかが重要です。

株価や企業の成長よりも、忘れがちな市場の期待値に注目しなくてはなりません。





シーゲルの赤本を読まれたことはありますか?

全部で345ページに及び、投資経験者向けの本です。

投資家にとって最高の1冊ですが、投資初心者には抽象的な言い回しが多くて、ちょっと難しいかもw

何回も読み直して、シーゲルの主張を理解することができます。





だけど、シーゲルが伝えたいことはシンプルです。

市場の期待値を実際の成長率が上回ることが重要。

たったこれだけです。

たったこれだけを伝えるために、シーゲル教授は膨大なデータを使って説明しているのです。

TRTM1965_TP_V1



エクソンモービルが配当金再投資することで、当時の成長企業だったIBMの投資リターンを上回りました。その理由はエクソンモービルが市場からの期待が低かったからに他なりません。

急激に成長していたIBMは市場からの期待が高すぎた為、エクソンモービルのリターンに及びませんでした。 

市場からの期待<実際の成長率=投資リターン

どれだけ成長しても、市場から期待が高い(株価が割高)なら、優良企業でも最終的な投資リターンは少なくなってしまうのです。




こんなの考えれば、当たり前です!!

笑ってしまうぐらいに当然のことであり、言われなくても分かると失笑してしまいます。

ところが、投資家は不思議と成長の罠に掛かり、投資で失敗する人が後を絶ちません。

だからこそ、シーゲル教授の本はベストセラーになっているのです。




超優良企業の株であってもPER30倍半ばを超えていれば危ないと警戒すべきです。成長企業へ投資をするのを否定はしませんが、少なくとも頭の隅に「危ない」と入れておきましょう。

シーゲルの警告を無視するべきではありません。

注目企業に投資してしまうのは投資家の本能であり、そして失敗するのが投資の歴史です。



他人の悲鳴を聞いて、悲観になるな!
他人の自慢を聞いて、調子に乗るな!

他の投資家と同じ行動をして儲かるはずがありません。

あくまでも、投資ブログは投資家の「期待値」を探るために活用しましょう。




最高に見えるとき最も危険であり
最悪に見えるとき最も魅力がある
by  フランク・J・ウィリアムズ
A8222C61-4B15-4DEA-987B-291BA7A57539 (1)
投資家の期待が高い銘柄には気を付けよう





↓モチベUPの為に応援お願いします。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
良い記事なら応援お願いします