退職金ぶちこみ太郎です。

景気には波があります。

株価は景気の半年先を進んで乱高下するとも言われています。

最近、株価が下落が続いており、景気のピークは終わったのでは?と疑惑が立っています。

55225334523
(野村証券より引用)

金利を見ていると、まだ株価のピークまだ先のように思えます。しかしながら、マーケットは激しく変動しています。

もし、株価のピークが過ぎ去っていたと仮定したら、今後の展開はどのように推移するのでしょうか?



もし、これから株価がずっと低迷していると落ち込んでしまいますよね。景気後退局面の投資って辛いんですよ。

何故なら、いつ株価が上昇するのか一切、分からないからです。

出口の見えないマラソンのようなものです。

でも…。もし、ゴールが見えているとしたら楽になると思いませんか?

過去の投資の歴史を振り返ることで、ゴールが分かれば良いと考え、調べてみました(^^♪

野村証券の資料が良くできているので、今回も引用させて頂きました。

786787687
(野村証券より引用)

こちらは米国の景気サイクルです。

野村証券(10月時点)によると①「景気拡大の段階」が現在の位置だと記載されていますが、仮に②「金利上昇で景気にブレーキ」の段階に突入したと仮定します。

景気サイクルによると、次は②「金利上昇で景気にブレーキ」の株価低迷の時代に突入した後、③「景気減速で金利低下」の株価暴落になると予想されます。

過去の市場の歴史を振り返ると、約24か月間、株価が低迷していたようです。

これだけの間、景気が減速する可能性があります。
つまり、投資家にとって冬の時代がくるということです。

今回はどうなるかは分かりせんが、長い冬の時代がくる覚悟は必要だと思います。

暴落局面をどう乗り切るか?

投資家にとっての手腕が問われますね。

ですが、いずれ冬が終わり、春の時代が必ずやってきます。それも長期に渡って、株価が上昇すると思います。

大事なのは暴落局面で狼狽し、退場しないことです。

人口が増え続ける米国株なら、初心者でも成功できると私は信じています。







4545445234235
(野村証券より引用)

こちらが日本の景気サイクルです。

先程の米国資料と同じだと思って流し読みをしていたのですが、よく見ると数字がおかしい(笑)

②「金利上昇で景気にブレーキ」が32カ月③「景気減速で金利低下」が128カ月って書いてあるんだが、そんなに日本の景気って長期間もの間、低迷してたんだね。

てか、ここで景気後退したら日本政府は打つ手があるんだろうか(-_-;)

アベノミクス以上の金融緩和なんて不可能で、日本経済が低迷しないか心配です…。



87978978

景気が減速したと仮定し、野村証券のデータで底入れ期間を予想すると…。

米国経済が底入れするまで
24カ月(´▽`)

日本経済が底入れするまで
13年と4カ月www

すいません、野村証券データを入力しただけで、ちゃんと検証した訳ではないんですが、あながち外れてはいないと思います。

本当は日本企業に投資をしてあげたいんだけど、データを見ると米国へ投資をせざる得ないです。米国株で儲けて日本の社会でお金を使ってあげようと思います(^^♪

MOK_turara_TP_V

金利を見る限り、暴落局面は少々、気が早い気がしますが、備えは必要です。

冬の時代は始まったばかりです。

むしろ、暴落はこれからでしょう…。

消費者から必要とされ続ける企業に限定し、自信を持って保有できる株だけに投資を行いましょう。




にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
良い記事なら応援お願いします