退職金ぶちこみ太郎です。
 
今回はマクドナルドを財務データから銘柄分析します。

809808089

89098098

98980

皆さんは、マクドナルド食べに行かれますか?

私はマクドナルドを食べるぐらいなら別の飲食店に行きたいですね。

だって、値段が高いから!

でも、気が付けば、よく子供とマクドナルドに行ってしまいます。不思議ですね(^^♪

マクドナルドは値上げが凄まじく、消費者としてはマクドナルドに行きたくはないですが、投資家としてはマクドナルドは魅力的な企業です。

月見バーガーの値段の推移です

2003年 190円
2004年 199円
2006年 240円
2008年 250円
2009年 270円
2010年 270円
2011年 280円
2012年 290円
2013年 310円
2014年 339円
2015年 340円
2016年 340円
2017年 340円

新登場の満月チーズ月見バーガーは390円 高っ!!

消費者としてはダメですが、投資家としてのマクドナルドは優良企業です。

ガンガン値上げできる企業なんて、ほんの一握りだと思いますよ。マクドナルドが稼いだキャッシュが株主の利益になるのですから…。

これからマクドナルドの米国株分析を行いますが、期待できそうです(^^)



 
89090

マクドナルドは世界で最も有名なハンバーガーチェーン店です。現在、マクドナルドのフランチャイズ比率は80%強ですが、今後95%まで引き上げる方針です。フランチャイズ化を進めることでロイヤリティ収入を増やすのが目的です。
 
マクドナルドのフランチャイズは、全世界に3万7千店舗もあります。店舗の構築まで全てをマクドナルドが行います。これにより、ハンバーガーの品質管理を行うことで、世界中のどこでもマクドナルドの味が楽しめるようになっているのです。
 
そして、マクドナルドが出店経営者に貸し付けて、不動産賃料、売上の3%に相当をロイヤリティとして集金するのです。マクドナルドは世界中のフランチャイズ店から、半永久的に利益が流れ込んでくるシステムを完成させています。


 
 
ところで、皆様は日本マクドナルドの異物混入事件を覚えていらっしゃいますか?2014年から2015年にかけて、ビニール片、プラスチック片、虫、人間の歯、金属片など、次々と異物混入の報告が相次ぎました。SNSを通じて画像が拡散したために日本マクドナルドの業績は大打撃を受けました。当然ながら、マスコミからもフルボッコ状態でした。
 68779

本来なら、倒産しても不思議ではありません。だって、食品にビニール片、プラスチック片、虫、人間の歯、金属片が入っているんです。異物混入事件の後、2015年の決算は大打撃を受けました。

しかし、2016年の決算は258億円の赤字から一転して66億円の黒字となりました。マクドナルドはの業績はわずかな期間にV時回復したのです。(日本マクドナルドの業績です)
 
これは不思議な出来事です。他の飲食店で同じ事象が起きたら倒産は間違いないでしょう。個人営業の飲食店はマクドナルドより美味しくて栄養満点な食事を作っていても廃業に追い込まれます。個人営業の飲食店からしたら、不公平ですね。
 
何故、マクドナルドは業績が回復したのでしょうか?

その理由は消費者が忘れてしまったから…。これに尽きます。

または時間が過ぎれば、消費者は異物混入を覚えていてもブランド企業なら気にしなくなるのです。異物混入事件のことは忘れてしまいますが、マクドナルドという信頼のブランドだけは心に残っているのです。都合のいい話ですね。
 
人間の行動は簡単には変えられません。消費者の行動はブランド力に影響されます。慣れ親しんだ商品を買って安心したいという心理があります。消費者独占企業は消費者の心そのものを所有しているのです。これ以上の不祥事が発生しない限り、マクドナルドのブランド力は不滅です。



 
 
111111

7867867678

売上高、純利益は安定しています。いい感じです。


 
0909-09

EPS(1株当たりの純利益)も安定しています。マクドナルドの利益は景気に左右されず、世界中のフランチャイズ店から安定してロイヤリティ収入を稼いでいることが分かります。
 
ROEも優秀です。稼いだ利益以上に株主へ還元しているため、2017年の決算では債務超過となりROEは計測できません。債務超過になってまでも株主還元を辞めない、とても株主想いの企業です。
 




2222

779878


キャッシュフロー計算書も優秀です。フリーキャッシュフローは十分にあります。半永久的に利益が流れ込んでくるシステムを構築しているために安定したキャッシュを見込めます。
 
営業キャッシュフローマージンは25%以上と稼ぎ過ぎです。マクドナルドのハンバーガーはブランド価値が高く、利益率が高いです。
 





333333

98980089

マクドナルドの株主還元はバッチリです。

凄まじい規模の自社株買いを行っています。株主は大いに報われたでしょう。このような株主想いのマクドナルドは長期投資するのに理想的です。
 




4444444

EPSアナリスト予想2017年
7.68
 
EPSアナリスト予想2018年
8.20
 
マクドナルドは消費者独占企業なのは間違いありません。

これからも世界中の人はマクドナルドのハンバーガーを食べ続けるでしょう。

本当の優良企業はインフレが発生しても価格を決定することができる企業です。冒頭でも記載しましたが、マクドナルドはハンバーガーの値上げを行うことに成功してきました。また、マクドナルドには、一時的に業績が落ち込んでも、すぐに回復するファンダメンタルズがあります。

まさに永久に保有できる超優良株です。



にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
良い記事なら応援お願いします